一般記事

「本物のロシア疑惑」ウラニウム・ワンFBI情報提供者が議会証言

投稿日:

ザ・ヒルがウラニウム・ワン疑惑について衝撃の報道を行ったのは数カ月前、2017年10月のことだった。オバマ政権が封じ込めていたFBI協力者が判明し、議会はその証言を求めた。その人物がついに2月7日、3つの米議会委員会に対して驚くべき証言を行ったという。

ウラニウム・ワン疑惑とは何か?

ロシアの国営企業ロスアトムは米国のウラン採掘量の20パーセントを占めるカナダの採掘企業ウラニウム・ワンを買収したが、それを米国政府が許可した際に当時のヒラリー・クリントン国務長官が便宜を図り、クリントン財団が見返りを受けていたのではないか、というものだ。

調査ジャーナリストのサラ・カーター氏の報道によれば、長年FBIの捜査に協力して米国内でのロシアの犯罪ネットワークに関する情報を提供していた米国人実業家のウィリアム・キャンベル氏は7日、上院司法委員会、下院監視委員会、下院情報委員会のメンバーに対して、ウラニウム・ワンに関する証言を行った。

クリントン財団とウラニウム・ワンの疑惑については、当サイトでも過去にいくつかの記事を扱っているので、これまでの経緯はそちらでもご確認いただきたい。

カーター氏の記事によると、キャンベル氏の弁護士であるビクトリア・トエンシング氏は次のように述べた。

「キャンベル氏が何度も何度も説明したことは、ロシア人たちが、オバマ政権下のクリントンの影響力のおかげでCIFIUS(対米外国投資委員会)によるウラニウム・ワンの承認が確実なものとなるのだ、と誇らしげに話していたということでした」

キャンベル氏がつかんでいた情報の1つは、ロシア国営企業ロスアトムが関連会社を通じてイランに核燃料を供給するとともに、同国の原子炉開発のための技術協力を行っていたというものだ。他にも資金洗浄や贈収賄についても動かぬ証拠をつかみ、FBIに報告していた。これらは2010年のことであり、その報告はオバマ大統領にも報告されていたという。

FBI、財務省、エネルギー省、そして司法省の幹部もキャンベル氏の情報の報告を受けており、ロシアがカナダ企業(訳注:ウラニウム・ワン)を買収することに付随する様々な様相について知らされていた。事実キャンベル氏は、オバマ大統領に対する極秘の日次報告で自らの成果が少なくとも2度報告されたという話を、FBI担当者から聞いていた。

キャンベル氏が収集した動かぬ証拠にもかかわらず、オバマ政権の対米外国投資委員会(CFIUS)は2010年秋にロシアによるウラニウム・ワンの買収を承認した。

キャンベル氏は政権の決定を受けて動揺したという。そして当時のFBI担当者とのやり取りを次のように証言した。

「私はFBI担当者にこのような懸念を繰り返し示しました。私が受け取った答えは、「政治」が何らかの形で関与しているというものでした。FBIはロスアトムが犯罪行為に従事していると証明できるというのに、どういうわけでCFIUSがウラニウム・ワンの買収を許可できるのだと私が尋ねたときに、ある捜査員が答えた内容を覚えています。その答えとは『政治家に聞け』というものでした」

 

-一般記事
-, ,

関連記事

ロシア共謀でっち上げについて米国人が知るはずのなかった6つの事実

<引用元:デイリー・コーラー 2020.5.27>トニー・シェーファー氏による寄稿 民主党の「ロシア共謀」反対運動は国家安全が問題ではなかった―そして今米国民はついに真相を知りつつある。 オバマ政権高 …

トランプのジェームズ・コミー解任に対する簡単な説明

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.9> コミーFBI長官の解任は、民主党と共和党の両方によって長い時間をかけて要請されたものだ。

トランプ、司法省に不満:ヒラリーについて「司法省はどこへ行った?」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.11.3> ドナルド・トランプ大統領は、司法省がクリントン夫妻、DNC、FBI、そしてロシアを情報源とする「偽」文書をめぐって現在進行中のスキャンダルに対 …

右派の怒りの矛先はモラー氏へ

<引用元:ザ・ヒル 2017.11.25>(抜粋) ロバート・モラー氏に対する怒りが、右派と保守系メディアの間で白熱している。2016年の大統領選挙に対するロシアによる干渉の捜査から、モラー特別顧問は …

米民主党の魔女狩りはロシアの反民主主義的活動を助長する(オピニオン)

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2017.5.8 > 月曜日の、2016年の選挙へのロシアの干渉に関する上院公聴会で明らかになったのは1つだけだ。-民主党は未だにその調査をトランプ大統領に対抗する党派 …

アーカイブ

@JpWelovetrump