記事翻訳

内部世論調査により、5つの重要な激戦州でトランプの優位が判明

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.11.23

内々の世論調査でドナルド・トランプ前大統領が、2024年に3度目の大統領選挙出馬を検討する中、ジョー・バイデン大統領が逆転した5つの州で優位になっていることがわかった。

バイデンは2020年にウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルベニア州、アリゾナ州、そしてジョージア州で逆転し、トランプに対して306対232という決定的な選挙人団の票を得て勝利した。だがトランプの内々の世論調査では5州全てでトランプが優位に立っており、2桁のリードを示しているところもあった。

世論調査によると、トランプのバイデンに対するリードはウィスコンシンで10ポイント、ミシガンで12ポイント、ペンシルベニアで6ポイント、アリゾナで8ポイント、ジョージアで3ポイントとなっている。バイデンは2020年に全5州で3ポイント以下の差で勝利した。

トランプは退任後、激戦州となる可能性のある数カ所で集会を開いており、2024年の大統領選挙再出馬を頻繁にほのめかしている。だが焦点を合わせているのは2022年中間選挙だとも話しており、共和党はそこで民主党の下院での5議席の差を埋め、上院で50対50を取り戻そうとしている。

また世論調査では、5つの州でトランプがバイデンより好感を持たれていることがわかった。トランプはどの州でも少なくとも50パーセントの支持を獲得した。昨年11月には5つのうちどの州でもそれだけの数字を出すことはできなかった。

内部の世論調査は11月11日から16日の間に、5州それぞれで有権者と思われる600人に対して実施されており、誤差の範囲は4ポイントである。

-記事翻訳
-,

関連記事

米国の政治分断がバイデン政権下で最大に

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.4.15>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 かつてないほどに米国の民主党・共和党の対立が増している。 最新のギャラップ世論調査で、ジョ …

2000年以来初、米国民が中国より米国を世界経済リーダーとみなす:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.3.2> 中国はまたしても米国の後塵を拝している。国民の目から見た経済力に関しての話だ。 ギャラップによる世論調査で、2000年以来で初めて米国に住む成人 …

バイデンが民主党で支持失う、2024勝利にバイデンが最善と回答したのはわずか36%

<引用元:FOXニュース 2021.11.1> 最新世論調査によると、民主党の大多数は、バイデン大統領以外の人物なら2024年大統領選で民主党が勝利する最善のチャンスが与えられると考えている。

トランプ経済は高い支持率を達成

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とNBCが10月に行った最新の調査では、トランプ大統領の経済に対する取り組みについて42パーセントが支持すると答え、不支持の37パーセントを上回った。

バイデン政権1年で党支持が逆転、共和党が5ポイント優位になったことが最新調査で判明

<引用元:デイリー・コーラー 2022.1.17> 17日に発表された世論調査で、米国では2021年末にかけ、民主党より共和党の支持が1995年以来で最も高くなったことがわかった。

アーカイブ

@JpWelovetrump