記事翻訳

内部世論調査により、5つの重要な激戦州でトランプの優位が判明

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.11.23

内々の世論調査でドナルド・トランプ前大統領が、2024年に3度目の大統領選挙出馬を検討する中、ジョー・バイデン大統領が逆転した5つの州で優位になっていることがわかった。

バイデンは2020年にウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルベニア州、アリゾナ州、そしてジョージア州で逆転し、トランプに対して306対232という決定的な選挙人団の票を得て勝利した。だがトランプの内々の世論調査では5州全てでトランプが優位に立っており、2桁のリードを示しているところもあった。

世論調査によると、トランプのバイデンに対するリードはウィスコンシンで10ポイント、ミシガンで12ポイント、ペンシルベニアで6ポイント、アリゾナで8ポイント、ジョージアで3ポイントとなっている。バイデンは2020年に全5州で3ポイント以下の差で勝利した。

トランプは退任後、激戦州となる可能性のある数カ所で集会を開いており、2024年の大統領選挙再出馬を頻繁にほのめかしている。だが焦点を合わせているのは2022年中間選挙だとも話しており、共和党はそこで民主党の下院での5議席の差を埋め、上院で50対50を取り戻そうとしている。

また世論調査では、5つの州でトランプがバイデンより好感を持たれていることがわかった。トランプはどの州でも少なくとも50パーセントの支持を獲得した。昨年11月には5つのうちどの州でもそれだけの数字を出すことはできなかった。

内部の世論調査は11月11日から16日の間に、5州それぞれで有権者と思われる600人に対して実施されており、誤差の範囲は4ポイントである。

-記事翻訳
-,

関連記事

2018年に離れた郊外の女性が、壁支持でトランプを支える存在に

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.22> 郊外の女性は、2018年の議会中間選挙で共和党から逃げ出した後、トランプ大統領に戻って来つつある。 その理由は、国境の壁を求める人が多いためだ …

世論調査:アメリカ人は圧倒的にサンクチュアリ・シティ(聖域都市・移民保護地域)に反対

<引用元:ザ・ヒル 2017.2.21> (抄訳) ザ・ヒル紙に独占情報として寄せられたハーバード・ハリスによる世論調査によれば、調査対象の80パーセントが地元当局は接触してきた不法移民を連邦職員に通 …

報道機関はバイデンを「保護している」:共和党と民主党が同意

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.6.8>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 メディアはドナルド・トランプ前大統領を嘘つき呼ばわりすることを生業にしていたが、リベラルのジ …

トランプがCPACの2024年大統領選挙模擬投票で圧勝

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.2.27> ドナルド・トランプ前大統領は、27日に発表された模擬投票の結果によると、2024年大統領選挙の共和党候補として圧倒的な支持を得ている。

ゾグビー世論調査:バイデン選挙のために嘘、生活は悪化

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.1.25>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 最新世論調査によると有権者は、2020年の選挙中にした約束は大げさだったのではなく共和党に …

アーカイブ

@JpWelovetrump