記事翻訳

ホワイトハウスはトランプがパリ協定に対する姿勢を軟化しているという報道を否定

投稿日:

<引用元:ザ・ヒル 2017.9.16>

ホワイトハウスは16日土曜日、トランプ政権がパリ協定から離脱しないつもりだという報道を否定した。

「パリ協定に対するアメリカ合衆国の立場に変化はありません。大統領が非常に明らかにしたように、アメリカ合衆国にとってもっと有利な条件が再び得られない限り離脱します」とホワイトハウスのリンジー・ウォルターズ副報道官は声明の中で述べている。

16日に複数の報道でトランプ政権がパリ協定に対する姿勢を軟化したようだと伝えていた。

EUのある気候担当高官はAFPに対して、米国が強制力のない協定を再交渉する計画はもはやないことを示唆したと語った。

ウォールストリート・ジャーナルもトランプ大統領が協定から離脱しないつもりだと報道していた。

「米国はパリ協定の再交渉を行わないと発表したが、この合意の下で可能性のある条件を再考しようとしている」EUのミゲル・アリアス・カニェテ気候行動・エネルギー担当委員はそう語ったと、WSJは伝えていた。

離脱はトランプが大統領選挙中に約束した主要な項目の一つだった。

6月にトランプは公の場で協定を退け、「アメリカ合衆国にとって最高のレベルで不公正なもの」と呼んだ。

離脱するという決断が初めて見られたのは、国際社会が2015年に協定に合意したことに対して非難したときのことだった。

-記事翻訳
-,

関連記事

最悪のハネムーン:リベラル・メディア対トランプ大統領

<引用元:MRC NewsBusters 2017.4.19> トランプ大統領が就任から最初の100日目を終えようとしているが、テレビ放送された報道のうち89パーセントが否定的な報道の仕打ちを与えるも …

スティーブ・バノン=NHKは日本のCNNに違いない

米国合衆国首席戦略官・大統領上級顧問を務め、現在はブライトバート・ニュースの会長であるスティーブ・バノン氏は、11月15日、NHKの単独インタビュー(リンク先の記事は数カ月以内に削除される可能性が高い …

「共謀」と「司法妨害」に関するメディアの間違いトップ10

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.4.19>ソラブ・アマーリ氏による論説 一流メディアは釈明すべきことがある。――国民に「共謀」と「司法妨害」という長く厳しい試練を受けさせたことに対して。約2 …

アトランティック編集長、トランプ暴露記事の主張が間違いの可能性を認める

<引用元:フェデラリスト 2020.9.7> 6日、アトランティックのジェフリー・ゴールドバーグ編集長は、2018年にフランスの第一次世界大戦で戦死した兵士の墓地へのトランプ大統領の訪問が変更されたの …

タッカー・カールソン:議事堂暴動についてまだ分かっていないこと

<引用元:FOXニュース 2021.2.10-11> 必要な安全策はどこに?暴動はどうやって始まった?ブライアン・シックニック巡査はなぜ死んだ? 変化が起こる様は奇妙だ。選挙の日に現職大統領が敗れて大 …

アーカイブ

@JpWelovetrump