記事翻訳

ホワイトハウスはトランプがパリ協定に対する姿勢を軟化しているという報道を否定

投稿日:

<引用元:ザ・ヒル 2017.9.16>

ホワイトハウスは16日土曜日、トランプ政権がパリ協定から離脱しないつもりだという報道を否定した。

「パリ協定に対するアメリカ合衆国の立場に変化はありません。大統領が非常に明らかにしたように、アメリカ合衆国にとってもっと有利な条件が再び得られない限り離脱します」とホワイトハウスのリンジー・ウォルターズ副報道官は声明の中で述べている。

16日に複数の報道でトランプ政権がパリ協定に対する姿勢を軟化したようだと伝えていた。

EUのある気候担当高官はAFPに対して、米国が強制力のない協定を再交渉する計画はもはやないことを示唆したと語った。

ウォールストリート・ジャーナルもトランプ大統領が協定から離脱しないつもりだと報道していた。

「米国はパリ協定の再交渉を行わないと発表したが、この合意の下で可能性のある条件を再考しようとしている」EUのミゲル・アリアス・カニェテ気候行動・エネルギー担当委員はそう語ったと、WSJは伝えていた。

離脱はトランプが大統領選挙中に約束した主要な項目の一つだった。

6月にトランプは公の場で協定を退け、「アメリカ合衆国にとって最高のレベルで不公正なもの」と呼んだ。

離脱するという決断が初めて見られたのは、国際社会が2015年に協定に合意したことに対して非難したときのことだった。

-記事翻訳
-,

関連記事

司法省はコミーが解任前に追加予算を要求していたという報道を否定

<引用元:デイリー・コーラー 2017.5.10> 司法省は、ジェームズ・コミーがトランプ大統領に解任される数日前に、ロシアによる選挙干渉に対する捜査のための追加予算を要求していたとするニューヨーク・ …

ジョン・ケリー、気候変動で中国と協力するため「人権についての相違」を考慮対象外としたい意向示す

<引用元:デイリー・コーラー 2021.4.27> 元国務長官のジョン・ケリー気候問題担当特使は、気候変動について中国との協力を推進する取り組みにおいて「人権についての相違」を考慮の対象外とすることに …

モラー捜査で起きなかった5つのこと

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.22>バイロン・ヨーク氏によるオピニオン ロバート・モラーはトランプ=ロシア捜査の報告書をウィリアム・バー司法長官に提出した。近いうちに、おそらくは数 …

JKローリング=トランプは車いすの少年を避けたと虚偽の主張(更新)

<引用元:デイリー・コーラー 2017.7.29> 作家のJ.K.ローリングはツイッターで、ドナルド・トランプ大統領が車いすの少年を避けたと主張した。しかし、未編集の動画を見ると大統領が少年と握手して …

トランプ陣営が「虚偽の中傷的な」記述についてCNNを訴訟、数百万ドルの損害賠償請求

<引用元:FOXニュース 2020.3.6> (独自)トランプ大統領再選のための選挙陣営は6日、2020年大統領選でロシアの支援を求めたとすることに関してCNNが「虚偽の中傷的な」内容を公開したことに …

アーカイブ

@JpWelovetrump