記事翻訳

ニューヨークタイムズ、コミーがほぼ完全に間違いだと言ったロシア疑惑スクープ記事を再調査

投稿日:2017年6月9日

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.8>

FBI前長官のジェームズ・コミーが木曜日の議会証言で、ニューヨーク・タイムズ(NYT)のロシア関連の特ダネ記事の1つに対して異議を唱えた後、NYTはその記事が実際に真実であるか「調査」を行っている。

同紙は2月14日に、アメリカ情報局員が選挙が行われた年に、トランプ陣営とロシアの情報機関幹部との間の通信をたびたび傍受していたと報道していた。そのニュースは、トランプ陣営がトランプに有利なように選挙に影響を与えるためロシアと共謀したという、今のところ根拠のない話を確固としたものとして植え付けることになった。

しかし、コミーは木曜日にその記事がほぼ完全に間違いであると述べた。そしてNYTは現在彼の発言に照らして記事を検証している。「私達はジェームズ・コミーの発言を調査しており、できるだけ早くより多くの情報を改めて伝えます」とNYTは、公聴会の後、著名なジャーナリストがコミーの発言を強調した後でツイートした。

「その(記事の)大部分は真実ではありません」とコミーは木曜日に証言した。彼は更に、ニュースが報道されたとき、非常に困惑したため何か抜けがないか確かめるために入念に情報機関に確認したと述べた。

コミーは公聴会でその後、その記事について再度尋ねられ、それが根拠のないものであることを繰り返し述べた。

「その記事はほぼ完全に間違いだと言って正しいでしょうか?」と共和党上院議員のトム・コットンは尋ねた。

「はい」とコミーは答えた。

NYTは、4人の「元政府当局者と現役当局者」がその記事の情報源であるとしていたが、彼らは政治的な動機を持っていたようである。或いはコミーが公聴会で示唆したように、NYTに提供した「事実」に対して正しく理解していなかったのかもしれない。

「私は機密情報に関する記事を書くことについて記者を責めているわけでありませんが、人々は本当に何が起きているか分からずに、そのことを話していることが往々にしてあるというのが問題です。そして何が起きているかを知っている私達のような者は、それについて話しません。そして私達はマスコミに『おい、その機密事項についての情報は間違いだ』と電話したりしません。そのまま放っておくしかないのです」とコミーは述べた。

 

※ドナルド・トランプNEWS編集部より
問題のNYTの記事ですが、ロイターの日本語要約がこちらにあります。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

サンフアンの市長をプエルトリコの別の市長が非難=「彼女は全く会議に参加していない」(独占記事)

<引用元:デイリー・コーラー 2017.9.30> プエルトリコのサンフアン市のカルメン・ユリン・クルス市長は、トランプ大統領を繰り返し攻撃し、ハリケーン・マリアの影響を受けたプエルトリコを見放したと …

トランプとコミーどちらを信用?7割近くがトランプと回答:C-SPANアンケート

トランプ大統領に解任されたFBI前長官、ジェームズ・コミー氏が自身の本の発売を前にABCのインタビューに答えたのは15日。C-SPANはその後フェイスブック上でアンケートを行ったが、コミー氏とトランプ …

フリン前大統領補佐官が罪を認めたことの意味とは

マイケル・フリン前大統領補佐官が偽証の罪を認めた。米ABCニュースをはじめとする主要マスコミは、「ロシア疑惑」の捜査が進展するかのような論調で報道しているが、果たしてそうだろうか。

リベラルに嫌われたスパイ活動法だったが、FBIは同法をトランプに適用

<引用元:デイリー・コーラー 2022.8.16> 有名な民主党や左傾ジャーナリストは、スパイ活動法がドナルド・トランプ前大統領に適用された今になって―リベラル活動家がかつて憲法違反であり乱用だと批判 …

FISA乱用メモ全文の日本語訳

米下院情報委員会が2月2日に公開したいわゆるFISA(外国情報監視法)メモ(覚書)は、米マスコミとソーシャルメディアで大きな話題となった。 主要メディアの報道では、メモ公開はトランプ大統領がロシア疑惑 …

アーカイブ

@JpWelovetrump