記事翻訳

ヒラリーの新刊に対する記事の見出しを見てみよう

投稿日:

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.9.12>(抜粋)

噂は良くも悪くもあり、好奇の目もそそがれている。ヒラリー・クリントンが2016年の大統領選挙について書いた519ページの本、「What Happened」のことだ。各メディアの記事の見出しがそれを物語っている。

  • 「『何が起こったか(What Happened?) 』?それは選挙の敗北。ヒラリー・クリントンは回顧録でお化けクラブの仲間入り」(ニューヨーク・タイムズ)
  • 「誰のために『何が起こった』のか?おそらくほとんどヒラリー・クリントンのためだろう」(ナショナル・パブリック・ラジオ)
  • 「ヒラリー・クリントンの出版ツアー:2016年にこの人はどこにいたのか?」(USAトゥデイ)
  • 「クリントンは自身の本にサインすることにも無関心」(ニューヨーク・ポスト)(訳注:サイン会に1時間遅刻してきたことを指摘)
  • 「傲慢なヒラリーから民主党への言葉:『私はどこにも行かない』」(デイリー・コーラー)
  • 「トランプ大統領がツイッターでヒラリー・クリントンの本を発売当日にけなす」(ニューヨーク・デイリー・ニュース)
  • 「バーニー・サンダース、クリントンが彼にアイディアを盗まれたという主張を嘲笑」(サロン)
  • 「マンハッタンでヒラリーが敗北した英雄として歓迎を受ける」(ポリティコ)
  • 「ヒラリー・クリントン:嘆かわしい本、嘆かわしい人物」(ワシントン・エグザミナー)
  • 「ヒラリー・クリントンの新刊によだれを流して飛びつく保守系メディア」(ビジネス・インサイダー)

一方、ホワイトハウス報道官のサラ・ハッカビー・サンダースは、12日の記者会見で寸評を伝えた。

「ヒラリー・クリントンが史上最も否定的な選挙運動の中の一つを展開して敗北した後、公人としての人生の最終章で、偽りと見境のない攻撃に満ちた本を売ることをよりどころにすることに決めようとしているのは、悲しいことだと思います。そして、このようなことをクリントンが続けるのは悲しむべき道だと思います」

 

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ・ロシア文書「Dossier」疑惑の相関図(図解)

既報のトランプ・ロシア文書の疑惑の相関図(ウラン取引のおまけ付き)

リンチ(前司法長官)はクリントン陣営の「不正確な」論点を使用してコミーに世間を欺かせることに成功した

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.8> バラク・オバマ時代の前司法長官、ロレッタ・リンチが、ジェームズ・コミーFBI前長官に圧力を加えてクリントンの電子メールサーバー捜査を軽視させ、その件を …

DNCとヒラリーが資金提供した文書を利用してトランプ陣営への盗聴許可取得か?

ジャーナリストのサラ・カーター氏は、FBIが、トランプ大統領のロシア疑惑の根拠の1つとされている信憑性の確認できない文書を利用して、トランプチームのメンバーを監視、盗聴するために裁判所から許可を受けて …

連邦判事がクリントンのメール使用について開示手続きを命令:ジューディシャル・ウォッチ

<引用元:ジューディシャル・ウォッチ 2018.12.6> (ワシントンDC)ジューディシャル・ウォッチは本日次のことを発表した。米国連邦地方裁判所のロイス・ランバース判事は、判決の中で米国国務省と司 …

独占記事:ジェームズ・コミーは「FBIの信頼を裏切った」と元FBI副長官が語る

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.10> 元FBI副長官はブライトバート・ニュースに、ドナルド・トランプ大統領がジェームズ・コミー長官を解任したのは正当な理由によるものであると述べた。

アーカイブ

@JpWelovetrump