記事翻訳

米連邦地裁、ヒラリーにメール問題のさらなる疑問への回答を求める判決

投稿日:

<引用元:ジューディシャル・ウォッチ 2018.11.15

YouTubeより

(ワシントンDC)ジューディシャル・ウォッチは、米国連邦地方裁判所のエメット・G・サリバン判事が、ヒラリー・クリントンは30日以内に、議論の的になっている彼女の電子メールシステムに関する2つの追加の質問に、宣誓証言として回答しなければならない、という判決を下したことを発表した。

2016年にクリントンは、ジューディシャル・ウォッチの質問に宣誓証言として書面で回答を提出するように求められた。クリントンは、自身のメールシステムの構築、国務省のサイバーセキュリティ担当者からの警告にかかわらずシステムを利用することを決断したこと、また、国務省が自身のメールの「90から95パーセント」を所有しているという主張の根拠についての質問に回答することに、異議を唱えると共に回答を拒否した。

昨日の長い公判の後、サリバン判事は、クリントンは宣誓証言を拒んだ2つの質問に回答しなければならないと判決を出した。

  • lintonemail.comのシステム構築について説明せよ。これには、システム構築を決定したのは誰か、システム構築を決定した日付、構築の理由、設定したのは誰か、また運用開始はいつか、が含まれる。
  • 米国下院ベンガジ特別委員会の前での2015年10月22日の証言の中で、あなたは自身のメールの90から95パーセントは「国務省のシステムの中にあり」、また「彼らが見たいと思えば確実に見ることができた」と述べた。この証言の根拠を明らかにせよ。これには、証言を裏付ける根拠とした全ての事実、これらの事実をどのようにいつ認識するようになったかが含まれる。また別の人物によってこれらの事実を知るようになったのであれば、これらの事実をあなたに知らせた人物を明らかにせよ。

(中略)

ジューディシャル・ウォッチのトム・フィットン会長はこう話した。
「連邦裁判所は、ヒラリー・クリントンに彼女の違法なメールシステムについてのさらなる質問に回答するよう命じた。これは良い知らせだ。ジューディシャル・ウォッチの弁護士が、国と司法省との争いを継続しなければならないのは、恥ずべきことだ。彼らは今も、クリントンの不正なメール使用に関する我々の質問に対する基本的な回答について、ヒラリー・クリントンを擁護している」

-記事翻訳
-,

関連記事

ヒラリーのメール問題に対するFBI捜査に新たな複数の疑問符

ヒラリー・クリントン元国務長官が個人のメールサーバーを使用していた問題に対するFBIの捜査に、複数の新たな疑問点が浮上している。捜査当局幹部の政治的中立性に関わる重大な問題だ。

ロシアDNCハッキング疑惑で誰もが無視している5つのこと=クラウドストライク社

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.24> 民主党と主要マスコミは、ドナルド・トランプの選挙結果がロシアのハッキングに大きな影響を受けたという話にますます夢中になっている。 その話は2つのハッ …

ロシアは総選挙での民主党の不正計画についてもハッキングしていた

 <引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.23> ニューヨーク・タイムズは土曜日の記事で、FBIのジェームズ・コミー長官は昨年、当時の司法長官ロレッタ・リンチが民主党の大統領候補のヒラリー・ …

リンチ(前司法長官)はクリントン陣営の「不正確な」論点を使用してコミーに世間を欺かせることに成功した

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.8> バラク・オバマ時代の前司法長官、ロレッタ・リンチが、ジェームズ・コミーFBI前長官に圧力を加えてクリントンの電子メールサーバー捜査を軽視させ、その件を …

トランプ・ロシア文書「Dossier」疑惑の相関図(図解)

既報のトランプ・ロシア文書の疑惑の相関図(ウラン取引のおまけ付き)

@JpWelovetrump