記事翻訳

FBIがヒラリー・クリントンの情報公開を拒否、その理由とは?

投稿日:2017年8月30日

<引用元:The Blaze 2017.8.29>

連邦捜査局は、ヒラリー・クリントンに関する情報公開要求を拒否したが、その理由がばかげていると考える人も少なくないだろう。

FBIは、情報を公開するだけの十分な公共の利益がないと主張してる。

FOXニュースは、FBIに情報公開を要求していたニューヨーク市のある弁護士に送られた手紙を入手した。その手紙によると、FBIは、弁護士が「情報公開することで得られる公共の利益が、個人のプライバシーについての利益を上回ることを十分に証明できていない」と判断したということだ。

「それゆえに、あなたが求めている記録はFOIAの適用除外に従って公開されません」とFBIの記録管理部のデイビッド・M・ハーディ氏から送られた手紙には書かれていた。

クレベンジャー氏が情報公開(FOIA)要求を行ったのは2016年3月のことだった。その中で、クリントンに関してFBI,司法省、そして議会の間で交わされたメールのやりとりを含む文書の公開を求めていた。

タイ・クレベンジャー氏は、そのFBIの手紙に対して、「正直に言って、自分の要求が公共の利益に関係している理由を説明しなければならなかったということにあぜんとしました」と述べた。

「このような方式で記録の公開を要求する場合は常に、情報公開することで得られる公共の利益が、個人のプライバシーについての利益を上回ることを証明しなければなりません」とFBIからの手紙には書かれていた。「この件については、公共の利益の追求が重要なものであることと、要求する情報がその利益に勝ることを示さなければなりません」

「公共の利益」とみなされるには、ある行為が一般大衆の利益につながるものである必要があり、取るに足らない理由や特定の党の利益のために行われるものでない必要がある。クレベンジャー氏は、まさにその点で、クリントンは元国務長官であり、大統領候補者であったのだから自分が要求する情報を公開することは公共の利益となると主張した。

-記事翻訳
-,

関連記事

ロシア共謀疑惑が薄れる中、ウクライナによるクリントン支援の企てが浮上

<引用元:ザ・ヒル 2019.3.20>ジョン・ソロモン氏による寄稿 約3年と何百万ドルもの税金を費やした結果、トランプ=ロシア共謀捜査に決着が付こうとしている。その場から浮上しているのは、2016年 …

トランプ陣営に対するFBIの2人目のスパイか?:ロジャー・ストーンが主張

今年5月、FBIの「スパイ」が2016年の大統領選挙中にドナルド・トランプ選挙陣営に接触していたという事実が明るみに出て、米国では大きな話題となった(参考記事:「トランプ陣営に潜入?FBI情報提供者の …

リークしたメール:クリントン陣営はビルのモスクワでの50万ドルの演説をロシアに友好的な姿勢として結び付けたブルームバーグの記事を「葬った」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.7.12> テルアビブ - 以前ウィキリークスが公開したヒラリー・クリントンの2016年大統領選挙のリーク電子メールが、新たな重要性を持つようになるかもし …

DNCとヒラリーが資金提供した文書を利用してトランプ陣営への盗聴許可取得か?

ジャーナリストのサラ・カーター氏は、FBIが、トランプ大統領のロシア疑惑の根拠の1つとされている信憑性の確認できない文書を利用して、トランプチームのメンバーを監視、盗聴するために裁判所から許可を受けて …

ディープ・ステートがトランプの破滅のために起こした「全面戦争」に関するFBI報告書を暴露した新刊:エドワード・クレイン

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017/10/29>(By エドワード・クレイン) ディープ・ステートの存在に疑問を投げかけようとする主要メディアの取り組みは、永続する連邦政府官僚内部の不正に関 …

アーカイブ

@JpWelovetrump