記事翻訳

アンティファによる「平和的活動家」に対する暴力について正確な記事を書いたワシントンポスト

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.28>

最近、アンティファによる暴力をエスタブリッシュメント・メディアは過小に扱っている傾向があるが、ワシントンポストは、それに反して驚くほど正確な報道を行った。ワシントンポストは、アンチ・ファシストが「平和的な右翼デモ参加者」に対して振るった暴力について、28日月曜日に本音で詳細を伝えた。

「催涙スプレーを振りかざしたトランプ支持者が手作りの盾で地面にたたきつけられた」とワシントンポストのカイル・スウェンソンは伝えた。「もう一人の支持者は黒装束に身を包んだ5人のアンティファに襲われ、アンティファは、一人で必死に身を守ろうとする男性に5人がかりで殴る蹴るの暴行を加えた。約100人のアナーキストとアンティファ(アンチ・ファシスト)は、黒いバンダナやフードで顔を隠し、27日日曜日の午後、バークレーのマーチンルーサーキングJr・シビックセンターパークの集会に突入した」

アンティファや左翼による暴力が報道されることは少なく、マスコミが非難することも、焦点を当てて報道することもほとんどない状態だった。シャーロッツビルの件では、エスタブリッシュメント・メディアはアンティファの暴力を大きく取り上げなかったように思われる。また22日に、ロイターとワシントンポストは、トランプの集会に現れた左翼の反対派が喧嘩を始めたり石やペットボトルを投げていたりしていたというのに、その反対派を「平和活動家」と伝えていた

MLK・Jr公園で予定されていた「No to Marxism in America(マルクス主義反対・アメリカ大会)」は、主催者のアンバー・カミングスが安全性の問題を理由に中止していた。「申し訳ありませんが、この大会については平和的に行いたいと考えており、テロリストによって誰かが傷つく危険を冒したくないのです」とカミングスは理由を説明していた。中止にもかかわらず会場に訪れたトランプ支持者は多かった。

バークレーの警察は、当日の早くから園内と4つの出入り口に50名の警官を動員して「市の緊急事態法を執行して、棒などの武器となり得るものを公園内に持ち込むことを禁止した」とスウェンソン(ワシントンポスト)は伝えている。「しかし、アンティファの反対派は、棒と盾で武装し、膝あてと手袋を身に着けて、ほとんどがセキュリティチェックを迂回していた」

ワシントンポストの記事では憂慮すべき内容の動画へのリンクもされており、その動画には、オレゴンのパトリオット・プレイヤー(愛国者の祈り)グループのトランプ支持者であるジョーイ・ギブソンが左翼グループから攻撃されて機動隊の後ろに後退させられる様子が映し出されている。映像中の左翼グループは、盾と棒、投擲物で武装し、「ファシストは帰れ」と叫んでいた。記事中には、オルト・ライト、白人至上主義者、KKKといったグループのメンバーが集会に参加したことを示すものはなかった。

トランプ大統領もこのワシントンポストの記事に気づいていた。大統領は、ディネシュ・ドゥスーザがその記事を取り上げたことを次のようにリツイートした。「ついに、それとなくだが、ワシントンポストが暴力の元についての真相を分析し認めた」

スウェンソンは、AP通信社が少なくとも5名が襲われたことを認めたことに言及し、その襲撃についてのAP通信社の記者の話にリンクした。ワシントンポストがバークレー警察から聞いた話によると、その集会で13名の逮捕者が出ており、「その容疑は凶器による傷害、公務執行妨害、またバークレーの条例違反などであった」ということだ。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプの「セクハラ」被害者に有名弁護士が寄付金・報酬を手配

トランプ氏にセクハラを受けたと訴える複数の女性が突然現れたのは、2016年の大統領選挙の直前のことだった。ザ・ヒルは15日、手引きしていた反トランプの有名女性弁護士が寄付やマスコミからの報酬を受け取れ …

マスコミの負け:報道の90%が否定的でも、大統領の支持率向上

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.5.8> 今年初めから4カ月間の、トランプ大統領に対するテレビ報道を広範に調査した結果、90パーセントが否定的なものだったことが判明した。2017年全体と同様 …

コールター:「レジスタンス」は実弾発射へ

<引用元:ブライトバート・ニュース&アン・コールター 2017.6.14> 全米で急増する保守派に対する暴力は、トランプとその支持者に対して競い合うようにひどい誹謗中傷をしている、民主党、記者、テレビ …

トランプ=モラーのロシア疑惑捜査が米国の立場を悪くした

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2017.12.28> トランプ大統領は、ロシアによる2016年大統領選挙へに干渉に対するロバート・モラー特別顧問の捜査が、米国の印象を「非常に悪くしている」と述べ …

マスコミはトランプが嫌い?新しい調査で就任当初からのことだったと判明

<引用元:Investor’s Business Daily 2017.10.3> マスコミの偏見:主要マスコミはトランプが好きではなく、それは大統領として実行したこととはあまり関係がない …