記事翻訳

世論調査では米国人の半数近くがシャーロッツビルについてトランプに同意

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.18>

否定的な報道と共和党内からの批判にもかかわらず、18日に発表された世論調査ではアメリカ国民の半数近くがバージニア州シャーロッツビルで起きた暴力の原因について、ドナルド・トランプ大統領に同意していることが分かった。

トランプ大統領は、シャーロッツビルで行われた白人ナショナリスト集会をめぐる暴力に「どちらの側も」責任があると主張していた。大統領はまた、「黒い服を着てヘルメットを被りバットを持って」来た反対の抗議活動グループの中にいた「トラブルメーカー」についても非難した。

トランプの声明を聞いて、元大統領候補のミット・ロムニーは怒りを表し、トランプに発言について謝罪を求めた。

しかしながら、18日にサーベイモンキーが行った調査によると、アメリカの成人の合計49パーセントがどちらの抗議グループも「シャーロッツビルでの暴力に責任がある」と考えていることが分かった。(訳注:正確には白人至上主義者のみに責任があると思わないのが49パーセントということだと思いますが、そのまま翻訳しました)

調査によれば、46パーセントが極右グループに最も責任があると考えており、40パーセントが両方のグループだと答え、9パーセントが反対グループに責任があると答えた。

共和党の中では、64パーセントが両方のグループに責任があると答え、18パーセントが白人ナショナリスト側、17パーセントが反対グループ側に責任があると答えた。

トランプの暴力事件に対する反応は、無党派層の中でも一定の同意が得られている。合計46パーセントの無党派層が両方のグループに責任があると答えており、白人ナショナリストに責任があるとしたのは51パーセントだった。

民主党では66パーセントが極右グループに責任があると考えており、両方のグループに責任があるとしたのは24パーセント、反対グループに責任があるとしたのはわずか6パーセントだった。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

独メルケル、仏マクロン、英メイいずれの支持率もトランプを下回る

ワシントン・エグザミナーの11月19日付の記事によると、トランプ大統領の支持率が、ヨーロッパの主要3カ国首脳の最新の支持率と比較すれば極めて良好だということが分かる。

トランプは差別主義者の黒人のことも名指しで非難していないがそのことには注目しないのだろうか?(社説)

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.8.13> 社説: トランプ大統領は白人グループを名指しで非難することもできただろう。12日土曜日にバージニア州シャーロッツビルで白人グループが集会を行ったた …

最悪のハネムーン:リベラル・メディア対トランプ大統領

<引用元:MRC NewsBusters 2017.4.19> トランプ大統領が就任から最初の100日目を終えようとしているが、テレビ放送された報道のうち89パーセントが否定的な報道の仕打ちを与えるも …

世論調査:メディアのトランプへの全面攻撃がジャーナリストの信頼を損ねる結果に

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.2.13> トランプ大統領の就任以来、エスタブリッシュメント・メディアへの国民の信頼が、考えられる限りあらゆる方法で破綻したことが世論調査で判明 トランプ …

蘇ったかつての憎しみ―全体主義のルーツを隠しメディアの支持を受ける「アンティファ」(論説)

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.8.21> シャーロッツビルの混乱の中で、二つの亡霊が前世紀の暗黒の時代から蘇った。「右派の団結」大会では、ナチのシンボルがテレビ画面いっぱいに出ていた一方で …

アーカイブ

@JpWelovetrump