記事翻訳

世論調査では米国人の半数近くがシャーロッツビルについてトランプに同意

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.18>

否定的な報道と共和党内からの批判にもかかわらず、18日に発表された世論調査ではアメリカ国民の半数近くがバージニア州シャーロッツビルで起きた暴力の原因について、ドナルド・トランプ大統領に同意していることが分かった。

トランプ大統領は、シャーロッツビルで行われた白人ナショナリスト集会をめぐる暴力に「どちらの側も」責任があると主張していた。大統領はまた、「黒い服を着てヘルメットを被りバットを持って」来た反対の抗議活動グループの中にいた「トラブルメーカー」についても非難した。

トランプの声明を聞いて、元大統領候補のミット・ロムニーは怒りを表し、トランプに発言について謝罪を求めた。

しかしながら、18日にサーベイモンキーが行った調査によると、アメリカの成人の合計49パーセントがどちらの抗議グループも「シャーロッツビルでの暴力に責任がある」と考えていることが分かった。(訳注:正確には白人至上主義者のみに責任があると思わないのが49パーセントということだと思いますが、そのまま翻訳しました)

調査によれば、46パーセントが極右グループに最も責任があると考えており、40パーセントが両方のグループだと答え、9パーセントが反対グループに責任があると答えた。

共和党の中では、64パーセントが両方のグループに責任があると答え、18パーセントが白人ナショナリスト側、17パーセントが反対グループ側に責任があると答えた。

トランプの暴力事件に対する反応は、無党派層の中でも一定の同意が得られている。合計46パーセントの無党派層が両方のグループに責任があると答えており、白人ナショナリストに責任があるとしたのは51パーセントだった。

民主党では66パーセントが極右グループに責任があると考えており、両方のグループに責任があるとしたのは24パーセント、反対グループに責任があるとしたのはわずか6パーセントだった。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

米国はトランプに関する左翼の嘘に飲み込まれている

<引用元:タウンホール 2019.8.6>デニス・プレガー氏による寄稿 合衆国大統領、ドナルド・トランプは、「立派な」ナチやクー・クラックス・クラン団員がいたとは決していわなかった。 これは我々の時代 …

主要マスコミはトランプについての記事を『捏造』している、有権者はトランプに同意(世論調査)

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2017.10.18> 圧倒的多数の有権者は、主要なマスコミがトランプ政権について「ニュース記事を捏造している」という点でドナルド・トランプ大統領に同意している。 …

2018年に離れた郊外の女性が、壁支持でトランプを支える存在に

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.22> 郊外の女性は、2018年の議会中間選挙で共和党から逃げ出した後、トランプ大統領に戻って来つつある。 その理由は、国境の壁を求める人が多いためだ …

好きでも嫌いでも、トランプのツイートが理解できない理由はない

<引用元:タウンホール 2019.7.16>マーク・デイビス氏による寄稿 ニュースになっていない事柄から始めよう。ドナルド・トランプ大統領は、ウィリアム・F・バックリー・ジュニアや、チャールズ・クラウ …

シャーロッツビル犠牲者の母、ネオナチと白人至上主義者を非難したトランプに感謝を表明

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.14> バージニア州シャーロッツビルで32歳のパラリーガルが、白人至上主義者とされる人物に車で轢かれて亡くなった。犠牲者の母は、トランプ大統領がネオナチと白 …

アーカイブ

@JpWelovetrump