記事翻訳

世論調査では米国人の半数近くがシャーロッツビルについてトランプに同意

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.18>

否定的な報道と共和党内からの批判にもかかわらず、18日に発表された世論調査ではアメリカ国民の半数近くがバージニア州シャーロッツビルで起きた暴力の原因について、ドナルド・トランプ大統領に同意していることが分かった。

トランプ大統領は、シャーロッツビルで行われた白人ナショナリスト集会をめぐる暴力に「どちらの側も」責任があると主張していた。大統領はまた、「黒い服を着てヘルメットを被りバットを持って」来た反対の抗議活動グループの中にいた「トラブルメーカー」についても非難した。

トランプの声明を聞いて、元大統領候補のミット・ロムニーは怒りを表し、トランプに発言について謝罪を求めた。

しかしながら、18日にサーベイモンキーが行った調査によると、アメリカの成人の合計49パーセントがどちらの抗議グループも「シャーロッツビルでの暴力に責任がある」と考えていることが分かった。(訳注:正確には白人至上主義者のみに責任があると思わないのが49パーセントということだと思いますが、そのまま翻訳しました)

調査によれば、46パーセントが極右グループに最も責任があると考えており、40パーセントが両方のグループだと答え、9パーセントが反対グループに責任があると答えた。

共和党の中では、64パーセントが両方のグループに責任があると答え、18パーセントが白人ナショナリスト側、17パーセントが反対グループ側に責任があると答えた。

トランプの暴力事件に対する反応は、無党派層の中でも一定の同意が得られている。合計46パーセントの無党派層が両方のグループに責任があると答えており、白人ナショナリストに責任があるとしたのは51パーセントだった。

民主党では66パーセントが極右グループに責任があると考えており、両方のグループに責任があるとしたのは24パーセント、反対グループに責任があるとしたのはわずか6パーセントだった。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

弾劾がトランプ支持を「高めている」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.1.20>「ワシントン・シークレット」ポール・ベダード氏による論説 さて、あれはうまくいかなかった。 国民がドナルド・トランプ大統領の弾劾に対する自分たち …

CNNの調査結果:合同会議での演説後、7割がトランプに確信

<引用元:デイリー・コーラー 2017/3/1> CNNの行った調査によれば、火曜日の夜の両院合同会議での演説を聞いた後、アメリカ人の10人のうち7人がトランプ大統領とこの国の向かう方向性について、よ …

トランプ経済は高い支持率を達成

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とNBCが10月に行った最新の調査では、トランプ大統領の経済に対する取り組みについて42パーセントが支持すると答え、不支持の37パーセントを上回った。

2000年以来初、米国民が中国より米国を世界経済リーダーとみなす:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.3.2> 中国はまたしても米国の後塵を拝している。国民の目から見た経済力に関しての話だ。 ギャラップによる世論調査で、2000年以来で初めて米国に住む成人 …

ドナルド・トランプ、トランプタワーでシャーロッツビルの偏った報道について記者を非難

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.8.15> トランプ大統領は、15日の午後、先週末のバージニア州シャーロッツビルで左翼抗議グループが暴力を振るったことをエスタブリッシュメントの左翼メディ …

アーカイブ

@JpWelovetrump