記事翻訳

オバマ政権幹部が数百回の身元開示要求をしていたことを情報委員長が非難

投稿日:

<引用元:The Hill 2017.7.27>

(抄訳)

下院情報委員長は、2016年の大統領選挙の期間中、諜報報告書中のアメリカ人の氏名開示要求を数百回出していたとして、オバマ前大統領の政権幹部を非難している。

デビン・ニューネス情報委員長(共和党、カリフォルニア州)は、ダン・コーツ国家情報長官に宛てた書簡で、情報が必要とされる明確な理由なしにそのような要求が行われていたと述べた。

「現役および元政府当局者が容易にアメリカ人の個人情報にアクセスでき、そのような情報を選択して匿名でリークすることを含めて、党派的な政治的目的を達成するためにその情報を利用することが可能であった証拠を私たちは発見しました」とニューネスはコーツに対する書簡に記した。

The Hillはその書簡を情報機関の消息筋から入手した。

ニューネスは3月に、トランプ陣営と政権移行チームの幹部の氏名が、オバマ政権のホワイトハウス幹部によって開示されていたことを公表していた。

当時の国家安全保障担当補佐官スーザン・ライスと、CIAのジョン・ブレナン長官は、適正な業務上の理由による要求だと主張していたが、そのような要求を行ったことについては認めていた。

ニューネスは、オバマ時代の情報開示についての彼の訴えが物議を醸したため、ロシアによる2016年の選挙干渉に対する委員会の捜査活動を忌避していた。

同委員長は、ホワイトハウスの敷地内で諜報報告書を検証したが、それによってオバマ政権幹部がトランプ側近の身元開示を行っていたことが分かった。民主党は、彼がそれを暴露するためにホワイトハウスの協力を得ていたと非難していた。

木曜日の書簡の中で、ニューネスは、オバマ政権の幹部によるアメリカ人の氏名要求の合計は、昨年のオバマ就任中に数百回に上り、具体的な情報機関の正当な理由を欠くケースが多かったと記した。彼は、適切な理由の欠如を「深刻な不備」と表現していた。

彼の書簡では、政府の高官からの要求は、専門的な情報分析官と異なり、アメリカ人の氏名に対する「アクセスのための個別の正当な理由が著しく乏しい」と指摘されていた。

「委員会は、明らかにインテリジェンスと無関係な職務の、ある高官が、オバマ政権の最後の年に数百件の開示要求を行っていたことを確認した」とニューネスは記している。「それらの要求のうち、定型文を使用していない理由の提示は1件だけであった」

ニューネスの書簡に詳しい消息筋は、その高官が当時の国連大使、サマンサ・パワーであることを明らかにした。

パワーにコメントを求めたが今のところ回答はない。

ニューネスはまた、「オバマ時代の高官が、諜報報告書内の、トランプの政権移行チーム幹部の身元を要求した」と記している。

ニューネスは、アメリカ人のプライバシーに影響する、身元開示手続きに関する懸念に対処するための法規制を提案するつもりであると述べていた。

通常、国外で令状なしに国家安全保障局によって傍受された電子メールや通話データ、会話の中のアメリカ人の氏名は、諜報報告書における身元情報の保護のために「米国人1」のような表現で編集されるか黒塗りされる。

しかし、2011年の初めにオバマはそのルールを緩和し、情報局員と自身の政権幹部が、国外で集められたインテリジェンスそのものを十分に把握できるようにするということで、より容易に身元開示を要求できるようにした。

その変更は、プライバシーへの影響を理由に、ACLUのようなリベラル派団体とニューネスのような保守派によって批判を受けてきた。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプの支持率がオバマの同時期の支持率を上回る

<引用元:デイリー・コーラー 2019.12.18> ドナルド・トランプ大統領の支持率は、米国史上3番目に弾劾追訴を受けた大統領となるという危機的状況にもかかわらず、バラク・オバマ元大統領の政権同時期 …

NSA委託業者がロシアのハッキングに関する極秘情報のリークで告訴される

<引用元:FOXニュース 2017.6.5> 連邦の委託業者が、2016年大統領選挙でのロシアのハッキングに関する「極秘レベルの」情報を含む機密報告書をリークしたとして、先週末逮捕され告訴された。

トランプ政権で少なくとも1日1回の国家安全保障に関わるリークが行われたという調査結果

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.6> トランプに対する前代未聞の圧倒的なリークはオバマ、ブッシュ政権を上回る トランプ政権は、少なくとも1日1回は報道に登場するという、前代未聞の …

米司法省、オバマが見逃したヒズボラ麻薬テロに対する再捜査を始動

オバマ政権がイラン核合意を成功させるために、ヒズボラに対する捜査を妨害していたという衝撃的な事実が暴露されたのは昨年12月のポリティコの報道によるものだった。これに対し米司法省は1月11日、新たに特別 …

モラー捜査の責任はオバマにある、とクラッパー元長官が認める

<引用元:LifeZette 2018.7.19> ジェームズ・クラッパー元国家情報長官によると、ロバート・モラー特別カウンセル(検察官)のロシア共謀疑惑捜査へとつながった「一連の出来事の全て」に着手 …

アーカイブ

@JpWelovetrump