記事翻訳

ドナルド・トランプ大統領が給与を教育省に寄付

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス 2017.7.26>

ドナルド・トランプ大統領はアメリカの未来の英雄に対する献身的な姿勢を示し、自身の第二四半期の給与を教育省に寄付することを発表した。そのお金は科学、技術、工業、そして数学(STEM)の教育キャンプの開催のために使用される。今回の発表でトランプ大統領が一歩前進させることになったのは、STEM関連の教育分野に対する関心を呼び起こし、アメリカ国民が将来の雇用に向けた訓練を受けることを保証するための取り組みだ。

(ホワイトハウスより)

今年の初め、トランプ大統領はINSPIRE法案に署名しており、NASAは科学、技術、工業、数学の分野への女性の参加と、航空宇宙産業での女性の就業を推進することになった。大統領はまた、女性の起業推進法案にも署名しており、アメリカ 国立科学財団が科学の分野で女性を支援できるようにすることを目指している。

就任以来、トランプ大統領は四半期ごとの給与を、国にとって重要な意味を持つ取り組みに寄付してきた。第一四半期に、トランプ大統領は自身の給与を内務省に寄付し、そのお金は国立公園局でアメリカの国家安全保障のために使われることになった。

-記事翻訳
-

関連記事

オバマ時代の政策のせいでフロリダ銃乱射犯は野放しにされた

米フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件については、その後様々な情報が明らかになっている。主要な報道で銃規制が大きく取り上げられている一方で、生徒に犯罪歴を持たせないように「守る」オバマ政権による政策のせ …