記事翻訳

トランプは化石燃料に関する規制緩和の命令に署名の予定

投稿日:

<引用元:ニューヨークポスト 2017.3.26>

ワシントンートランプ大統領は火曜日に、化石燃料に関するオバマ時代の規制を緩和するために新しい大統領令を発行する。

EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)のスコット・プルーイット長官は、日曜日のABCの番組「This Week」で次のように述べた。「それによって全国の製造業の雇用、全国の石炭業界の雇用が復活するだろう。エネルギー分野で非常に多くのチャンスがある」

「エネルギー自給の大統領令」は、発電所での規制を緩和するために計画されているが、トランプ政権は自動車のための燃費基準の見直しも行う。

「これは、この国の規制の取り組み方に対して成長促進と環境保護のアプローチを確実に行うということだ」とプルーイットは述べた。

また、新しく就任した環境保護庁長官は、オバマがパリで結んだ地球規模の気候変動に関する協定を「悪い取り決め」だと非難した。

「パリ協定でまずかったのはそれ自体が条約として扱われなかった事だけでなく、国際的に最大のCO2産出国である中国とインドが罰則を免れている事だ」と、気候変動とEPAの役目に懐疑的であったプルーイットは述べた。

「彼らは2030年まで対策を講じる必要がなかった。中国とインドが国際的に問題への取り組みを講じていないのに、私達は雇用を失うことで自分たちに罰則を課してきたのだ。だから私の判断ではパリ協定は悪い取り決めだった」

-記事翻訳
-,

関連記事

米失業保険申請件数が22万2千件に、数十年で2番目の低さ

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.2.22>抄訳 2月の第2週、失業給付金の新規申請件数が7千件減少して22万2千件となったことを、米労働省は22日に報告した。回復を示す2番目に低い記録で …

トランプが取り残された地域の復興へ向けた大統領令に署名

トランプ大統領は12日、新たな大統領令に署名し、全米の取り残された地域、「オポチュニティ・ゾーン」の復興へ向けた協議会を発足させ、具体的な政策を始動させた。各省庁との連携や指定地域に対する特別減税など …

トランプ対ロバーツ長官、勝者は大統領

<引用元:American Greatness 2018.11.23>ステファン・B・プレッサー氏による論説 正しいのはドナルド・トランプ大統領か、それともジョン・ロバーツ連邦最高裁判所長官か?大統領 …

WSJ:「商店、工場が今年の予想外の雇用ブームをリード」

<引用元:ホワイトハウス 2018.8.6> “Stores, Factories Lead This Year’s Unexpected Hiring Boom” ウォールス …

3パーセントの経済成長をトランプに感謝する(論説)

<引用元:ザ・ヒル 2017.8.30> (ヘリテージ財団 スティーブン・ムーア氏による論説) 大幅な景気後退後のアメリカで、3パーセントの経済成長を達成できるとホワイトハウスが予測したことに対して、 …

アーカイブ

@JpWelovetrump