記事翻訳

フランス人の10人に6人は「安全な場所がないと感じている」

投稿日:

<引用元:ブライトバート 2017.3.17>

IFOP-FIDUCIAL の調査によると、フランス人の大半はテロ攻撃を恐れ、国家の安全について悲観的であり10人のうち6人が安全な場所がないと感じている。

その調査によるとフランス人の93パーセントはテロが更に起こる恐れが高いと感じており、71パーセントがフランスの安全性は過去5年の間に悪化したと感じている。

更に広く見ると調査対象の59パーセントはどこにも安全な場所がないと感じると言っており、約4人に1人(24パーセント)がそれに対して「強く同意する」と答えた。

不安を反映して、回答者は69パーセントが警察と国家憲兵隊は人員不足だと感じており、フランス人が法執行機関に対して圧倒的に肯定的な見方をしていることが分かった。

回答者の圧倒的多数(88パーセント)が、重大な犯罪で服役した外国人は国外追放にすべきだと考えており、84パーセントが国にもっと刑務所を作って欲しいと考えている。

過半数を超える人(55パーセント)が、EUの通行自由な国境を定めたシェンゲン圏をフランスが抜けることを望んでいる。

今年の大統領選挙に於ける重大な争点となる安全性という点で、この調査結果からマリーヌ・ル・ペンは財産と国民を安全に守ること(32パーセント)と、テロとの戦い(35パーセント)において最善の政策を持つ候補者であると判断されることが分かった。

国民戦線の候補より幾分劣るのがエマニュエル・マクロン(財産と国民の安全:21パーセント、テロとの戦い:19パーセント)と、フランソワ・フィヨン(2つの政策面で19パーセントであった中道右派候補)となった。

2015年11月に、パリで連続爆破と銃撃により130名の死者が出たヨーロッパ史上最悪のテロ攻撃が発生して以来、フランスでは国家非常事態宣言が出されている。

次の年の6月には、チュニジア移民の犯人がニースのプロムナード・デ・ザングレで、バスティーユ・デイの祭りの群衆に19トンの貨物トラックを突っ込ませて86名の死者が出た。

しかしながら、テロリズムだけがフランスの心配ではなく、先月には数週間、パリ郊外で車への放火、窓ガラスの破壊、店舗への略奪といった暴動が広がった。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプの入国制限の新大統領令に反対するハワイは難民に冷たい州だった

<引用元:NEWSLINE 2017.3.8> ハワイは、ドナルド・トランプ大統領の新しい大統領令に反対して連邦地裁で訴訟を起こした最初の州となった。しかしながら、ハワイは中東のテロに苦しむ国の難民の …

大統領が移民に対する福祉を5年間制限することを提案:アイオワのトランプ集会

<引用元:FOXニュース 2017.6.22> トランプ大統領は水曜日の夜、アメリカ入国後5年間は移民が公的支援を受けることを禁止する法案を近々議会にはかる予定であることを発表した。

ケイト法と犯罪者に対する聖域無効法の下院通過についてのドナルド・J・トランプ大統領の声明

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2017.6.29> 大統領選挙中に、私は多くの悲しみに暮れる家族に出会いましたが、彼らはみな同じことを懇願していました。つまり議員はアメリカ人の家族の安全を第一に置 …

トランプがオバマの移民政策を非難:「アメリカの若者にも夢がある」

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.9.5> トランプ大統領は5日火曜日、不法移民の若者の問題は「思いやりの心を持って」何としてでも解決したいと願っているが、バラク・オバマ前大統領が作った違法で …

子供の人身取引保護法の抜け穴が被害者と米国市民を危険に晒している

<引用元:ホワイトハウス 2018.4.5> ドナルド・J・トランプ大統領が1月に初の一般教書演説を行った際、多くの重要なゲストを米国民に紹介した。これらのゲストのほとんどが公職者や高官ではなかった。 …

アーカイブ

@JpWelovetrump