記事翻訳

パブリッチ氏:「モハメド・アリ・ジュニアの二度目の拘束の話はフェイク・ニュースと見なしている」

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2017.3.13>

ケイティー・パブリッチは、日曜日のFOX&Friendsに出演し、モハメド・アリ・ジュニアが最近ワシントンDCからフロリダへのフライトで拘束を受けたとする主張をメディアが受け入れていることを批判した。

アリは先週、彼と彼の母親がジャマイカから再入国する際に止められたという事件についてワシントンで証言した。そして彼は、移民税関捜査局は国内便では検査を行わないという事実にもかかわらずDCから帰ったときに止められたのは2度目だと主張している。

動画(英語):

「私はフェイク・ニュースと見なしています。」とFOXニュースの投稿者である彼女はインタービューの最初に述べた。「私は彼が自分の宗教について聞かれたというのがちょっと信じられません。名前を誰が名付けたか尋ねられたというのも信じられない。それらは標準的な質問ではありません。」

インタビューの後半に、パブリッチはアリの2度目の主張をアーメド・モハメドとも比較した。

動画(英語):

「私にはこれが時計騒ぎの少年にとても似ているように思えます。その少年は注目を集めようとして学校に時計を持って来たというのですが、結局彼の父親が政治的な動機を持っていて、非常に悪意を持った様々な組織と関係していたことが分かったのです。」

「この件もそれと非常によく似ていると思いますので、メディアはもっと良い仕事をすべきだと思います。」

-記事翻訳
-

関連記事

MSNBC、ベネズエラの抗議運動がトランプに対するものだとする字幕を放送し、ネットでは撤回

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.22> MSNBCのレイチェル・マドー・ショーの番組放送中、べネスエラで広がっている反社会主義抗議運動が実際はドナルド・トランプ大統領に対して反対する …

トランプがコロナウイルス対策ウェブサイトに関する誤報についてフェイクニュース・メディアを非難

<引用元:タウンホール 2020.3.15> トランプ大統領は15日、グーグルが連邦政府と共同で作成中の全国的な武漢コロナウイルス対策ウェブサイトに関する間違った報道をしたフェイクニュース報道機関を非 …

ニューヨーク・タイムズ、誤りを証明するFBIメモをよそにトランプ・ロシア疑惑報道を堅持

<引用元:デイリー・コーラー 2020.7.18> ニューヨーク・タイムズは、トランプ関係者がロシアの諜報局員と連絡を取っていたとする2017年2月の報道を堅持している。たとえFBIの内部メモが公開さ …

リチャード・バー議員

上院情報委員長=誤ったロシア疑惑報道で「面目を失う」報道機関も出るだろう

<引用元:デイリー・コーラー 2017.10.5> 上院情報委員会の委員長は5日、ロシア疑惑捜査に関する報道をめぐり「面目を失う」ことになる報道機関が出るだろうと述べた。

ニューヨークタイムズ、コミーがほぼ完全に間違いだと言ったロシア疑惑スクープ記事を再調査

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.8> FBI前長官のジェームズ・コミーが木曜日の議会証言で、ニューヨーク・タイムズ(NYT)のロシア関連の特ダネ記事の1つに対して異議を唱えた後、NYTはそ …

アーカイブ

@JpWelovetrump