記事翻訳

トランプ、2020年大統領選干渉事件の判事に忌避を要求

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2023.9.11

ドナルド・トランプ前大統領は11日、自身の2020年大統領選挙干渉容疑の裁判を担当する判事に、忌避を求める申し立てを提出した。

申し立てでは、タニヤ・チュトカン判事(オバマ大統領の任命)は他の場所で、トランプが起訴され刑務所に入れられるべきだと示唆したとして、裁判を忌避すべきだと主張している。チュトカン判事が2021年に担当した裁判に加え、2022年10月に担当した1月6日事件の被告人に関する裁判で述べたコメントを引用している。

申し立てはこう指摘する。「そうした発言は、この件が始まる前に正当な法的手続きなしに行われましたが、本質的に不適格なものです。チュトカン判事は、心からトランプ前大統領に公正な裁判を行うつもりかもしれません―またそれができると思っているかもしれません―が、彼女の公の発言が結果にかかわらず、こうした訴訟を損なうことは不可避です」

申し立ては、1月6日事件のクリスティーン・プリオラ被告が関係する裁判に対する判決文の一部を引用している。

「議事堂を襲撃した人々は、1人の男性に対する忠誠・献身からその場にいたのであり、私の前に出頭した人のほとんどが実に分かっていない憲法、この国の理想、また民主主義の原則に対する忠誠・献身からではありませんでした」と、裁判記録によるとチュトカンは述べた。「1人の人物に対する盲目的な忠誠心です。なおその人物は今日まで自由のままです」

トランプの弁護士は、発言の意味は「避けられない―つまりトランプ大統領は自由だがそうであるべきではない」ということだと主張している。

チュトカンは申し立てによると、2021年12月の別の裁判で、1月6日事件のロバート・スコット・パーマー被告に、「あなたはとても説得力のある主張を行いました。これまでにも行われたものですが―あなたに行動を起こして戦うように強く勧めて促し集結させた人々は、起訴されていません」と述べた。

判決文によると彼女はこう続けて述べた。「誰が起訴されたか、されていないかという問題は私の前にありません。私はそれについて何の影響力もありません。私には意見がありますが、それらは無関係です」

トランプは8月1日、2020年大統領選を覆そうとした容疑に関連して4つの罪で起訴された。チュトカンは、公判日をスーパーチューズデーの前日である2024年3月4日に決めた。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ陣営、新たな起訴をナチス・ソ連の手口に例え批判

<引用元:デイリー・シグナル 2023.8.1> 連邦大陪審は、2020年大統領選の結果に対して異議を申し立てようとしたことについて、ドナルド・トランプ前大統領を起訴した。前大統領に対する3度目の起訴 …

トランプを発言禁止にしマイケル・コーエンを自由に行動させるのは判事の二重基準、と法律専門家

<引用元:デイリー・コーラー 2024.4.24> トランプ大統領は、定期的に彼を公に批判しているマイケル・コーエン元弁護士のような証人について、発言を妨げられるべきではないと複数の法律専門家が本紙に …

トランプの起訴は大統領選勝利の妨げとならずむしろ助けになると大多数の有権者が回答(世論調査)

<引用元:デイリー・コーラー 2023.3.27> 最新世論調査によると、米国人有権者のおよそ75パーセントは、ドナルド・トランプ前大統領の起訴は2024年の大統領選挙で妨げとはならず、むしろ助けにな …

トランプが起訴されたことをTruth Socialに投稿

<引用元:デイリー・コーラー 2023.6.8> ドナルド・トランプ前大統領は8日、300以上の機密文書の不正な取り扱い疑惑について起訴されたと発表した。

トランプの連邦法違反起訴は、米国政治制度の武器化

<引用元:デイリー・シグナル 2023.8.7>ハンス・フォン・スパコフスキー氏による論説 (メリック・ガーランド司法長官の完全な承認を受けた)ジャック・スミス特別検察官によるドナルド・トランプ前大統 …

アーカイブ

@JpWelovetrump