記事翻訳

リベラルに嫌われたスパイ活動法だったが、FBIは同法をトランプに適用

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2022.8.16

有名な民主党や左傾ジャーナリストは、スパイ活動法がドナルド・トランプ前大統領に適用された今になって―リベラル活動家がかつて憲法違反であり乱用だと批判していた―その法律に対する評価を高めたようだ。

FBIは8月8日、スパイ活動法違反容疑への捜査の一環としてマーアラゴのトランプ邸宅を家宅捜索した。同法は違法なスパイ行為だけでなく、機密文書の漏洩や誤った取り扱いを起訴するためにも適用できる。リベラルはかつて広く同法に反対し、言論の自由に対する侵害であり政府の批判者いじめを行うための手段だと見なした。

「トランプ家宅捜索令状で言及された最も深刻な犯罪とされる事は、1917年のスパイ活動法に基づいている。過去に多くの左翼と市民的リバタリアンはこの法律の幅広さと範囲を激しく非難し、弾圧的で憲法に違反して曖昧だとしていた」とハーバード法科大学のアラン・ダーショウィッツ教授は本紙に語った。

「だが今や立場が逆転すると―つまり同じ法律が自分たちが非難する有力な大統領候補者に適用されると―、こうした同じ左翼の多くは、このアコーディオンのような法律がトランプの機密文書の誤った取り扱いの容疑に適合するまで、拡大されることを要求している」と教授は述べた。

スパイ活動法は、機密の政府文書を報道機関にリークしたジャーナリストを取り締まるために使用され、ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジや内部告発者のチェルシー・マニングに対しても使用された。アメリカ自由人権協会(ACLU)は、左翼の反政府活動家に対するスパイ活動法の適用の合憲性に異議を申し立て、法律に対する反対意見を広く積極的に発言してきたが、自分たちの嫌いな政治家に対して使用されることについては、沈黙を守っているとダーショウィッツは説明した。

(略)

ダーショウィッツは、トランプに対するスパイ活動法の適用に対するリベラルの反応について、ヒラリー・クリントン元大統領候補が同様の犯罪で起訴されることに反対したことを考えると、ダブルスタンダードだと述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

判事がクリントンのメール捜査の詳細を公表するようFBIに命令

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.31> 連邦判事は8月31日木曜日、ヒラリー・クリントン元国務長官が個人のメールサーバーを使用していた件に対する未公開の捜査資料を公表するようFBIに対して …

CIAにもホロウィッツ報告書が必要な理由

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.6.29>WSJ編集委員 Holman W. Jenkins, Jr. 氏による論説 世界中がホロウィッツの報告書を把握してしまった今となっては、そ …

トランプのジェームズ・コミー解任に対する簡単な説明

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.9> コミーFBI長官の解任は、民主党と共和党の両方によって長い時間をかけて要請されたものだ。

モラー報告書は必要なかった、それが報告書の結論だ

<引用元:ザ・ヒル 2019.4.20>ケビン・R・ブロック氏による寄稿 2年と3000万ドルを費やして、そもそも自分は必要なかったのだと結論付ける報告書をまとめる。そんな仕事はいかがだろう?その答え …

民主党、ロシア、そしてFBI(オピニオン)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2017/10/25>(WSJ編集委員による社説) ロシアが米国の政治体制の中に疑惑を広めていたことが判明している。それに支援、加担したのは民主党であり、こと …

アーカイブ

@JpWelovetrump