記事翻訳

リベラルに嫌われたスパイ活動法だったが、FBIは同法をトランプに適用

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2022.8.16

有名な民主党や左傾ジャーナリストは、スパイ活動法がドナルド・トランプ前大統領に適用された今になって―リベラル活動家がかつて憲法違反であり乱用だと批判していた―その法律に対する評価を高めたようだ。

FBIは8月8日、スパイ活動法違反容疑への捜査の一環としてマーアラゴのトランプ邸宅を家宅捜索した。同法は違法なスパイ行為だけでなく、機密文書の漏洩や誤った取り扱いを起訴するためにも適用できる。リベラルはかつて広く同法に反対し、言論の自由に対する侵害であり政府の批判者いじめを行うための手段だと見なした。

「トランプ家宅捜索令状で言及された最も深刻な犯罪とされる事は、1917年のスパイ活動法に基づいている。過去に多くの左翼と市民的リバタリアンはこの法律の幅広さと範囲を激しく非難し、弾圧的で憲法に違反して曖昧だとしていた」とハーバード法科大学のアラン・ダーショウィッツ教授は本紙に語った。

「だが今や立場が逆転すると―つまり同じ法律が自分たちが非難する有力な大統領候補者に適用されると―、こうした同じ左翼の多くは、このアコーディオンのような法律がトランプの機密文書の誤った取り扱いの容疑に適合するまで、拡大されることを要求している」と教授は述べた。

スパイ活動法は、機密の政府文書を報道機関にリークしたジャーナリストを取り締まるために使用され、ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジや内部告発者のチェルシー・マニングに対しても使用された。アメリカ自由人権協会(ACLU)は、左翼の反政府活動家に対するスパイ活動法の適用の合憲性に異議を申し立て、法律に対する反対意見を広く積極的に発言してきたが、自分たちの嫌いな政治家に対して使用されることについては、沈黙を守っているとダーショウィッツは説明した。

(略)

ダーショウィッツは、トランプに対するスパイ活動法の適用に対するリベラルの反応について、ヒラリー・クリントン元大統領候補が同様の犯罪で起訴されることに反対したことを考えると、ダブルスタンダードだと述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

連邦判事が特別補助裁判官にマーアラゴ押収物を精査するよう命令、トランプに勝利手渡す

<引用元:JustTheNews 2022.9.5> 連邦判事は9月5日、先月FBIがドナルド・トランプのフロリダの私有地を家宅捜索した際に押収した証拠を、特別補助裁判官に精査させるよう命じ、前大統領 …

苦境に立つジェームズ・コミー、彼もそれが分かっている

<引用元:ザ・ヒル 2019.5.7>元FBI特別捜査官ケビン・R・ブロック氏による寄稿 ジェームズ・コミーの惑星は目に見えて温暖化が進んでいる。ウィリアム・バーの排出物が原因として疑われる。 バーは …

機密解除メモ:CIAはヒラリーが偽のロシア共謀疑惑を「煽る」ことを危惧した

<引用元:JusttheNews.com 2020.10.6> ジョン・ラトクリフ国家情報長官は6日、2つの文書を機密解除した。2016年夏に、ヒラリー・クリントンがドナルド・トランプを「中傷」し、自 …

元米連邦検事、司法省監察官が「大掛かりな」FISA乱用報告書を出すと予想

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.8.20> 外国情報監視法(FISA)乱用疑惑に関する司法省監察長官の報告書は、複数の起訴勧告を含む「容赦のない」ものとなるだろう、と元米国連邦検事のガイ …

報道:FBIの狙いはトランプがロシア共謀の潔白を証明すると考えていた文書

<引用元:デイリー・コーラー 2022.8.18> 報道によれば、FBIはマーアラゴで家宅捜索した際、ドナルド・トランプ前大統領がロシア共謀疑惑や他の選挙関連の疑惑について身の潔白を証明すると考えてい …

アーカイブ

@JpWelovetrump