記事翻訳

フリン中将の言葉:信仰、家族、そして友情

投稿日:

<引用元: UncoverDC 2020.11.26>マイケル・T・フリン著

全能の神の恵みにかけて、また妻のローリの愛と勇気、家族の力と不屈の精神、そして友人たちと、祈り、知恵、思いやりを持って私を取り囲んでくれた全ての愛国者の鼓舞に、心から感謝いたします。4年以上の間で初めて、また大胆不敵な弁護士、アメリカの正義の守り神であるシドニー・パウエルと、尽きることのない精力を持って私のために結集してくれた何千もの善良な人々のおかげで、今日私は自由と解放を満喫しています。

我々の国は、全てのアメリカ市民がこの地の至る所で公正に平等に扱われるようにするために、独裁と圧制と戦った指導者が築いた国です。こうした憲法上の、神から授かった権利は、恐怖心、憎しみ、反対意見による虚偽の訴追や政治的迫害の背後で、決して否定されたり隠蔽されたりするべきではありません。我々の共和国の最も中核の部分をにらみつけ、復讐心から行動したり、我々の中の1人に復讐したりする人々は、我々全員の安全を脅かします。

どのような家庭も個人も、二度と私と家族が経験したようにひどく悪意を持って標的にされ、悪口や中傷を受けるべきではありません。みなさんも、みなさんの愛する人も、私も、トランプ大統領も、ファーストレディーも、そしてトランプの子供たちも、です。今日、我々の国に重荷を負わせたこの信頼への裏切りと縁を切ることに賛同し、この国の市民の正当な力が、根絶され、損なわれ、侵害され、そして国に対する、またこの米国の正当に選ばれた大統領や未来の全ての大統領に対するクーデターによって人質に取られることを二度と許さないと、この国の各地で1つの団結した声として宣言してください。

30年以上にわたって、アメリカ市民そして世界の市民の権利のために戦ったことは、兵士と公僕としての名誉であり特権でした。私は激しい戦火の真っただ中、遠く離れた戦場で最も勇敢な男女のそばで戦ってきました。私の人生と自由のためのこの正義と真実という戦場での戦いでは、神に対する私の信仰と妻のローリの愛と支援のおかげで最後まで乗り切ることができました。

一緒の旅の中で、我々はこの偉大な国の各地と世界中の何百万人ものアメリカ人の信頼と支持を受けるという恩恵を賜りました。これらはデジタル愛国軍であり、我々が戦いを続けるよう鼓舞し、他の方法では知ることのなかった秘密を暴露し、この厳しい試練を通して彼らの考え、夢、そして知恵を共有してくれました。

何カ月も前、ある愛国者が手紙で私に次のように書きました。「私はつい最近あなたのことを知りました。私はこの世界とその不正の深さに気付かないふりをしていました。神は我々の生活の中で働いておられ、私は、自分の現在の目的が神を愛し、真実のために戦い、神の下に1つの国であるアメリカ合衆国を守る5人の愛国者を育てることだと知っています!」我々は、戦い続けるために我々の生活に加わった光の勢力にとても深く心から感謝しており、真実の探求を絶対に諦めないために我々に置いてくれた信頼を決して忘れません。

私は弁護チームの戦士たちにいつまでも感謝します―最も困難な時期を共にしてくれたチームに。シドニー・パウエル氏は、ゴリアテを倒す心構えをしたダビデの闘志を持って、天から送られた天使のようにフリン家に加わってくれました―そして実に彼女はゴリアテを倒しました。

(略)

ともに我々は、この非常に大きな障害を乗り越えました。今我々は、もう一度自分の足で立ち上がり、ほこりを払い落し、今後待ち受けていることを恐れません。我々は再び我々の信条と主張のために濡れ衣と虚偽、憎悪によって試練を受けるかもしれませんが、我々を阻止することはできませんし、停止することはありません。

時間が全ての傷をいやすとは限りませんが、真実を発見する中ではおかしな方法で傷を形作ることがあります。

全てのアメリカ人に、この人生で我々がやろうと選択したことは、決して恐れによっては止められません。むしろ我々は、犠牲に伴う不確かなこととリスクを受け入れ、それから重大な人生の課題を克服するために取り組む必要があります。特に我々の国の歴史上のこうした試練の時においては。国家としての存続そのものが危機に瀕しています。

フリン家は、両親であるチャーリーとヘレンが教えたような戦士になるのを決してやめません。過去の何世代もの軍によって、また我々の多くがまだどうにか国に奉仕する中、我々は次の一連の課題に向けてともに「立ち上がり」、家族を、故郷を、名誉を、そして国を守ります。

現在でも、おそらくかつてないほどに、アメリカは子供たちと孫たちの未来を守るために、頼りになる、真の、そして試練を経た愛国者を必要としています。そして最後に我々の最終的な運命を審判するのは1人だけです。

アメリカに神の祝福がありますように。

マイケル・T・フリン

-記事翻訳
-

関連記事

オバマ・バイデンが、コミー軽視の中フリン事件に介入したことがストラックメモから判明

<引用元:FOXニュース 2020.6.24> マイケル・フリンの弁護士は、最近発覚した元FBI捜査官のピーター・ストラックのメモが、当時のFBI長官、ジェームズ・コミーがある会議の中でフリンの政権移 …

無実のマイケル・フリンを、モラーはトランプに痛手を与えるため不正に起訴した(オピニオン)

<引用元:FOXニュース 2018.12.14>グレッグ・ジャレット氏による論説 全く罪に問われるべきでない人が不正に起訴された典型例が見たいなら、元陸軍中将で元国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリ …

FBI:マイケル・フリン前国家安全保障担当補佐官に対する起訴はない

<引用元:ブライトバート 2017.2.17> 金曜日、当局の職員はCNNに、「新たな情報がない限り」マイケル・フリン前国家安全保障担当補佐官がロシアのセルゲイ・キスリャク大使と交わした電話について起 …

マイケル・フリン 、シングローブ賞を受賞

トランプ政権の元国家安全保障問題担当大統領補佐官、マイケル・フリン中将は9月14日、ミズーリ州セントルイスで開催されたフィリス・シュラフリー・イーグルスの第47回年次イーグル協議会で、アメリカへの貢献 …

米情報機関が秘密にしていたフリン中将のロシア疑惑を晴らす証拠

<引用元:ザ・ヒル 2019.1.2>ジョン・ソロモン氏による寄稿 世間への沈黙が耳に痛いほどである場合もあるし、さらにいえば誤解を招くこともある。 もう約2年に亘って、情報機関はロシア共謀疑惑に関す …

アーカイブ

@JpWelovetrump