記事翻訳

トランプの元ボディーガードが証言:トランプはロシア側が申し出た「女性」を断った

投稿日:

<引用元:ザ・ヒル 2017.11.9>

トランプ大統領のボディーガードを長年務めたキース・シラー氏は、今週議会で次のように証言したとされている。ロシアは2013年にトランプ氏がモスクワを訪れた際、ホテルの部屋に「5人の女性を送る」ことを申し出たが、トランプ氏はそれを断ったということだ。

NBCニュースは9日、シラー氏の証言について知る3名の消息筋の話として、シラー氏が下院情報委員会の捜査チームにその申し出について語ったと報道した。トランプ氏は2013年のミスユニバースの前にビジネス会議に参加したが、そこに参加していたロシア人がその申し出をしたのだという。

シラー氏は下院の捜査チームに対して、申し出を辞退し「そのようなことはしません」という返事をしたのだと伝えたということだ。

ホワイトハウスの元側近でもあるシラー氏は、トランプ氏とそのことを笑い飛ばしたと証言した。シラー氏はトランプ氏のホテルの部屋の外にしばらく立っていたが、トランプ氏が一人で就寝するとその後自分も一人で休んだと語った。

消息筋の一人はNBCニュースに対し、シラー氏は一晩中トランプのホテルの部屋の外に留まっていないと証言したと伝えていたが、複数の消息筋の話では、シラー氏は捜査チームに、何も起きていないと確信していると伝えたということだ。

シラー氏の弁護士は、NBCニュースに対する声明の中で、下院情報委員会が「シラー氏の証言について虚偽の誤解を招くような話をリークした」ことを強く非難した。

スチュアート・シアーズ氏は、「私たちは、下院情報委員会の内部の党派的な人物からリークが行われたことに愕然としています」と声明の中で述べた。「(公共の利益のためとされる)リークに対する捜査を実施しているその当事者である委員会自体が、情報をリークしシラー氏のような協力的な証人を誹謗するとは言語道断です」

委員会は先週、トランプ氏が2013年にモスクワを訪れた際の詳細な状況について質問をすることになったと報道されていた。それはイギリスの元スパイであるクリストファー・スティール氏がまとめた悪名高い、信憑性の不確かな報告書に詳述されていた複数の疑惑に関するものだった。

その文書は、2016年の大統領選挙の対立候補のスキャンダル調査を意図したものであり、きっかけは共和党支持者が始めた調査だったが、最終的に民主党に引き継がれていた。

シラー氏は9月にホワイトハウスの職務を辞任している。1999年からトランプ氏の下で働き始め、2004年からはトランプ氏の警護責任者を務めていた。

-記事翻訳
-

関連記事

クリントンのロシアウラン疑惑再浮上、FBI情報提供者の証言要求へ

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.10.23> 2010年に交わされたある取り決めによって、クレムリンの支援する企業が、米国の供給するウランの莫大な量を掌握する道が開かれた。そこに今新たに厳し …

トランプ資料の背後の怪しげな会社が捜査を行き詰まらせている

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2017.6.24> ドナルド・トランプについての怪しいインテリジェンス資料の委託先であったワシントンの秘密主義の会社は、彼らの民主党とのつながりについて追求しようとす …

トランプ・ジュニアとの会談の8日後、ロシアの弁護士ベセルニツカヤがオバマの駐露大使と一緒に写っている写真をご覧ください

<引用元:Gateway Pundit 2017.7.11> ロシア人弁護士ナタリア・ベセルニツカヤの情報が更に流出 ベセルニツカヤは月曜日に、NBCニュースでニューヨーク・タイムズで報道されたクレム …

CNNにスティール文書の情報をリークしたのはクラッパー元国家情報長官だった

<引用元:サラ・カーター 2018.3.12> 政府消息筋によると、ジェームズ・クラッパー元国家情報長官は昨年、ドナルド・トランプ次期大統領とバラク・オバマ大統領が受けた機密報告についての情報をCNN …

分析:バイデンのエネルギー政策がいかにしてプーチンのウクライナ侵攻を可能にしたか

<引用元:デイリー・コーラー 2022.3.2> ジョー・バイデン大統領は就任以来、積極的に反化石燃料政策を推し進め、米国のエネルギー自給目標に悪影響を与え、ロシアによる侵略を可能にしたと専門家は述べ …

アーカイブ

@JpWelovetrump