ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

サラ・ペイリンがギフォーズ銃撃を自分に結び付けた記事についてニューヨーク・タイムズを訴える

投稿日:2017年6月28日

<引用元:FOXニュース 2017.6.27>

アラスカ州元知事で元副大統領候補のサラ・ペイリンは、火曜日、2011年に起きたアリゾナ州の議員銃撃事件に自分を結び付けた論説記事をめぐり、ニューヨーク・タイムズ(NYタイムズ)に訴訟を起こした。

Sarah Palin (AP Photo/Cliff Owen, File)

ペイリンの弁護士は、NYタイムズが6月14日の論説記事の中で彼女の名誉を棄損したと主張している。記事は、下院多数党院内幹事のスティーブ・スカリス(共和党、ルイジアナ州)議員が、バージニア州アレキサンドリアで共和党の野球チームの練習中に銃で撃たれ負傷した数時間後に公開されていた。

その論説記事は、「死をもたらすアメリカの政治」と題したNYタイムズ論説委員によるもので、当初はガブリエル・ギフォード議員を含めて6名が死亡し13名が負傷した銃撃事件にペイリンの話を結び付けていた。

NYタイムズは「そのようなつながりが立証されていない」ことを認め、その翌日訂正を投稿した。

またその論説記事は、ペイリンの政治活動グループの使用していた今では悪名高くなった広告が、「ギフォードと他の19名の民主党員を照準に定めた」と主張していた。NYタイムズは、地図上の照準が「民主党議員個人ではなく、選挙区」をターゲットにしていたことを認め、その文章も訂正した。

「NYタイムズは(スカリスの)銃撃を利用した策略として、ペイリン氏について誤った主張を行った」とペイリンの弁護士は訴えの中で述べた。

「NYタイムズは、ペイリン氏が(ツーソンの銃撃犯ジャレッド・)ロフナーを扇動して6名の人々を殺害させたという誤った主張を・・・分かっていながらその論説委員のコラムを出版し推進した。NYタイムズはそれを行うことで法律と自社の方針を侵害した」と訴えには続いて述べられた。

ペイリンは陪審によって決められる額の損害賠償を要求している。NYタイムズは今のところコメントしていない。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

MSNBC、ベネズエラの抗議運動がトランプに対するものだとする字幕を放送し、ネットでは撤回

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.22> MSNBCのレイチェル・マドー・ショーの番組放送中、べネスエラで広がっている反社会主義抗議運動が実際はドナルド・トランプ大統領に対して反対する …

「フェイクニュースだ」ドナルド・トランプはロシアがらみの報道にうんざりしている

<引用元:ブライトバート 2017.3.20> トランプ大統領は、選挙期間中に自身の陣営がロシアと不適切なつながりを持っていた疑いについての継続中の捜査に対してマスコミが焦点を当て続けていることに、失 …

民主党、メディア、情報機関関係者は揃ってトランプ陣営とロシアの癒着について「証拠なし」と結論

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.19> 飛び交う記事の見出しと非公開の議員の打ち合わせを見て、トランプ政権のホワイトハウスに問題が起きていると結論するのは難しい事ではない。 しかし、 …

最悪のハネムーン:リベラル・メディア対トランプ大統領

<引用元:MRC NewsBusters 2017.4.19> トランプ大統領が就任から最初の100日目を終えようとしているが、テレビ放送された報道のうち89パーセントが否定的な報道の仕打ちを与えるも …

フェイクニュースを広めたNYタイムズをマスコミが擁護

<引用元:フェデラリスト 2018.5.27> 本物のホワイトハウス高官による本物の会見があったのだろうが、ニューヨーク・タイムズはホワイトハウス高官が語ったことを正確に要約したかという点では信用でき …