記事翻訳

判事がトランプ政権を支持、入国禁止大統領令の差止を却下

投稿日:2017年3月25日

<引用元:デイリー・コーラー 2017.3.24>

金曜日、バージニア州の連邦地裁判事は、イスラム教が多数を占める6カ国の人と難民全体の入国を一時的に停止することを求めるトランプ大統領の大統領令の差し止め要求を覆す判決を下した。

差止請求に対する否決は、メリーランド州とハワイ州の連邦地裁がトランプの大統領令のアメリカ全体での実行を差し止めた後に出たものだ。メリーランド州の判決は5月に控訴審で審理されることになっている。これらの2カ所の過去の判決は食い止められている。

米国バージニア州東区連邦地裁のアンソニー・トレンガ判事は、トランプが入国禁止を課すことはその法的権利の範囲内でありイスラム教徒に対する差別ではないとの判決を下した。差止請求はパレスチナ系活動家のリンダ・サーソアによって提出されたものだったが、その代理人はカウンシル・オン・アメリカン―イスラミック・リレーションズ(Council on American-Islamic Relations)の弁護士が務めた。

ジョージ・W・ブッシュによる任命を受けたトレンガ判事は、意見書の中で「大統領は国境でアメリカ合衆国への入国を禁止する無条件の権威を持つ」と述べた。彼は、大統領令は宗教についてはまったく触れておらず、アメリカ市民をテロリストの攻撃から守るという「国家の非宗教的目的」を有するものだと述べた。

大統領令を覆したハワイ連邦地裁判事は、トランプが選挙運動中に述べた「イスラム教徒の禁止」という過去の声明を引き合いに出した。しかしながら、トレンガ判事は、「その点については、最高裁で『過去の行動が、対象物を扱うための政府の一部に関する取り組みを永遠に損なうことはない』という判例がある」と記述した。

司法省の報道官は声明の中で、「司法省は判決に満足している。裁判所が正しく説明しているように、大統領令は国家の安全を守るというその権威の範囲内のものである」と述べた。

関連報道ではサーソアの弁護士は控訴する予定であると伝えている

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプの新大統領令が行政国家から国民を守る

<引用元:デイリー・シグナル 2019.10.15>アンソニー・キャンパウ氏、ポール・J・ラーキン・ジュニア氏による解説 ワシントンは弾劾の話で燃えているかもしれないが、ドナルド・トランプ大統領は無為 …

米国の宗教の自由を守るドナルド・トランプ大統領

<引用元:ホワイトハウス 2018.5.3> 2018年5月3日 「アメリカは信仰を持つ人の国であり、私たちは互いに、祈りの力によって強められる」ドナルド・J・トランプ大統領 ホワイトハウス発表:本日 …

ほとんどがトランプの移民予定者に対する厳しい審査を支持(ラスムッセン・レポート

<引用元:ラスムッセン・レポート 2017.2.24> ほとんどのアメリカ人は、自分たちの価値観や憲法に基づく基本的な自由に対する信念と価値観を共有していない移民を排除することを支持している。

トランプの新入国禁止令の差し止めを認めず

<引用元:デイリー・コーラー 2017.3.10> ドナルド・トランプ大統領の新しい入国禁止大統領令に対する差し止め要求が、ある連邦地裁で棄却されたことを、大統領令に反対する州を代表する弁護士が、金曜 …

トランプは化石燃料に関する規制緩和の命令に署名の予定

<引用元:ニューヨークポスト 2017.3.26> ワシントンートランプ大統領は火曜日に、化石燃料に関するオバマ時代の規制を緩和するために新しい大統領令を発行する。

アーカイブ

@JpWelovetrump