記事翻訳

CNNの調査結果:合同会議での演説後、7割がトランプに確信

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2017/3/1>

CNNの行った調査によれば、火曜日の夜の両院合同会議での演説を聞いた後、アメリカ人の10人のうち7人がトランプ大統領とこの国の向かう方向性について、より楽観視していることが分かった。

CNNとORCによって調査された509名の参加者のうち、57パーセントが大統領の演説に対して「非常に肯定的な受け止め方」を示した。

更に、3分の2は演説を聞いて「国にとって正しい優先順位を持っている」と感じた。

経済に関するトランプのコメントに対して72パーセントが評価すると答え、テロ(特にISIS)との戦いについての計画については70パーセントが評価すると答えた。そして税制、移民、ヘルスケア政策についてはそれぞれ、64パーセント、62パーセント、61パーセントが肯定的であった。

-記事翻訳
-

関連記事

世論調査:民主党、有権者の5分の1がジョー・バイデンに投票したことを後悔

<引用元:デイリー・コーラー 2021.9.6> 世論調査で、有権者の5分の1、また民主党でも約5分の1が2020年にジョー・バイデン大統領に投票したことを後悔していると答えたことが分かった。

有権者の50パーセントがトランプを支持:ラスムッセン世論調査

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.16> ラスムッセンが金曜日に発表した世論調査によると、ドナルド・トランプ大統領は有権者の間で50パーセントの支持率を得ている。

世論調査:バイデンは即座に辞任すべきと考えている有権者が過半数に

<引用元:デイリー・コーラー 2021.9.2> ラスムセン・レポートによると、最新の世論調査で、米国人の大多数がジョー・バイデン大統領は即座に大統領を辞任すべきだと考えていることが分った。

過去最低:バイデンの支持率が過去最低に、ヒスパニック支持率はわずか19%

<引用元:FOXニュース 2022.7.20> バイデン大統領の支持率が過去最低の31%に 最新世論調査によるとバイデン大統領の米国人の間での支持率は31パーセントにまで落ち込み、大統領就任以来で最低 …

マスコミの負け:報道の90%が否定的でも、大統領の支持率向上

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.5.8> 今年初めから4カ月間の、トランプ大統領に対するテレビ報道を広範に調査した結果、90パーセントが否定的なものだったことが判明した。2017年全体と同様 …

アーカイブ

@JpWelovetrump