記事翻訳

トランプ、キューバについて:「共産主義は過去であり、自由は未来である」

投稿日:2017年10月9日

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2017.10.6>

ドナルド・トランプ大統領は6日、キューバの共産主義政権を非難し、「共産主義は過去」であり、「自由は未来」であると述べた。

トランプ氏はホワイトハウスで行われたヒスパニック伝統月間のイベントで演説し、アメリカ合衆国はキューバとベネズエラを含む西半球全体で自由が得られることを望むと語った。

トランプ氏は次のように話した。
「今年の初めにリトル・ハバナ(フロリダ州マイアミのキューバ人街)のすばらしい聴衆を前に発表したように、キューバ政権がキューバ国民に完全な政治的自由をもたらすまでは制裁を解除しない」
「キューバに圧政をもたらしてきたのと同じ破綻した共産主義思想は、あらゆる場所で苦しみと不幸しかもたらしてこなかった」

「共産主義は過去であり、自由は未来だ」とトランプ氏が語ると聴衆から拍手が沸き起こった。

トランプ氏はそれから、ベネズエラについて触れ、同国の社会主義政府は混迷する南米の国に責任を負っていると述べた。

トランプ氏はこう話した。
「我々は、マドゥーロ政権の無慈悲な社会主義の下で苦しむベネズエラの人々のことも支持している。我々は社会主義の圧政を認めず、ベネズエラ市民に民主主義と自由を復帰することを求める」

ホワイトハウスに集まった聴衆は、トランプ氏の演説中大きな声援を送った。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

トランプが一般教書演説でゲストの脱北者の話を紹介

<引用元:デイリーコーラー 2018.1.30> トランプ大統領は1月30日の一般教書演説で、北朝鮮からの亡命者の話を紹介したが、それがハイライトだったと言っても良いだろう。

蘇ったかつての憎しみ―全体主義のルーツを隠しメディアの支持を受ける「アンティファ」(論説)

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.8.21> シャーロッツビルの混乱の中で、二つの亡霊が前世紀の暗黒の時代から蘇った。「右派の団結」大会では、ナチのシンボルがテレビ画面いっぱいに出ていた一方で …

トランプが生命の神聖さを訴える、マーチ・フォー・ライフ演説全文

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2018.1.19> ドナルド・トランプ大統領は19日、ホワイトハウスのローズガーデンから、ビデオ中継で今年のマーチ・フォー・ライフのイベントに参加した。また大統領は …

トランプ大統領の第73回国連総会演説から

第73回国連総会のトランプ大統領の演説から一部を抜粋して翻訳した。(中見出しは全て当サイトによるもの) (前略) イランのテロ支援を食い止める イランの指導者は混乱、死、そして破壊の種をまいています。 …

メラニア夫人が夫の手を握り「すばらしい旅」と大統領の初外遊を振り返る

<引用元:デイリー・メール 2017.5.27> (抄訳) メラニア・トランプはファーストレディとしての初めての外遊を満足げに締めくくる演説を行い、大統領と手をつないでエアフォース・ワンへ向かった。

@JpWelovetrump