記事翻訳

アメリカの雇用が大幅に拡大、3月に26万3千の民間雇用を創出

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.5>

アメリカの企業は3月に予想を遥かに上回る雇用を創出した。

ADPの月次レポートとムーディーズのアナリストの話によると、3月中に民間企業で26万3千の雇用が増加した。ロイターの行った調査によると、経済の専門家による3月の新規雇用の予測は18万5千であった。

イメージ画像

イメージ画像

2月の雇用は仮の報告の29万8千という数字から24万5千へ大幅に下方修正されていた。つまり、多くの経済の専門家が今年の最初の好スタートの後で予測していたように、雇用創出は減速しているのではなく高まっているという事になる。

3月には従業員数が50名以下の企業で11万8千の雇用が追加されており、小規模ビジネスが雇用増加を牽引した。20名以下の揮毫では6万の雇用が生み出された。そのレポートによれば50名以上500名以下の企業では、10万の増加となっている。アメリカの大企業では4万5千の雇用増加であった。

今年、製造業と建設業が大幅に回復しつつある事は明らかだ。製品製造業では3月に8万2千の雇用創出があり、工業では3万の雇用増加であったが、建設業では4万9千の増加であった。鉱業、天然資源関係では4千の雇用増加であった。

「2017年の雇用の増加は好スタートを切っている。増加は幅広い分野に渡るものだが、最も顕著なのは製品製造業であり、建設業、工業、鉱業も含まれている」とムーディーズのマーク・ザンディ主任エコノミストは述べた。

ADPとムーディーズのレポートは、一般的には金曜日に労働省から発表される公式の雇用統計のプレビューとしてマーケットで見なされている。

-記事翻訳
-

関連記事

製造業社長が「トランプに対する確信」を理由に20億ドルを投資していると語る

〈引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.5.6> オーストラリアの億万長者で製造業の最高経営責任者であるアンソニー・プラットは金曜日のFOXビジネスで、彼がトランプ大統領に対して確信を持って …

米失業保険申請件数が22万2千件に、数十年で2番目の低さ

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.2.22>抄訳 2月の第2週、失業給付金の新規申請件数が7千件減少して22万2千件となったことを、米労働省は22日に報告した。回復を示す2番目に低い記録で …

米失業保険申請件数が過去45年間で最低を記録

<引用元:The Blaze 2018.3.29> 労働省が29日に発表したレポートによると、米国人による失業保険申請件数は1973年1月以来で最低となった。 3月24日までの1週間での失業保険申請は …

WSJ:「商店、工場が今年の予想外の雇用ブームをリード」

<引用元:ホワイトハウス 2018.8.6> “Stores, Factories Lead This Year’s Unexpected Hiring Boom” ウォールス …

NYタイムズも「言葉を失った」米国5月の雇用統計

トランプ大統領がいつも「落ち目の」と形容し敵視するニューヨーク・タイムズも、米国の雇用環境が改善される現実の前には文字通り「言葉を失った」ようだ。 NYタイムズが6月1日に「We Ran Out of …