記事翻訳

トランプがロー対ウェイド判決を覆す最高裁の判断を称賛、判決は「全ての人にとって良い結果となる」と述べる

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2022.6.24

(独自)ドナルド・トランプ前大統領はロー対ウェイド裁判を覆した最高裁判所の判断を称賛し、判決は「全ての人にとって良い結果となるだろう」とFOXニュースに述べた。

「これは憲法に従っており、ずっと以前に与えられるべきだった権利を取り戻すものだ」とトランプはFOXニュースに話した。

自身の支持者の中にいるかもしれない中絶賛成派に対するメッセージがあるか尋ねられると、トランプはこう答えた。「最終的には、これは全ての人にとって良い結果となる」

「これで全てが本来あるべき状態に戻る」とトランプは述べた。

最高裁に3人の保守派判事を任命したことで、ロー対ウェイド裁判の逆転に自身が役割を果たしたと思うかと質問されると、前大統領はFOXニュースに「神が決断したのだ」と答えた。

トランプは大統領時代に、ニール・ゴーサッチ、ブレット・カバノー、そしてエイミー・コニー・バレットという保守派の判事を最高裁判所に任命した。

それらの任命で、ジョン・ロバーツ裁判長、サミュエル・アリート判事、クラレンス・トーマス判事、ゴーサッチ判事、カバノー判事、バレット判事によって、最高裁は保守派が多数となった。

スティーブン・ブライヤー、ソニア・ソトマイヤー、エレナ・ケイガンは、全員民主党の任命による判事だが、ロー対ウェイド判決を覆すことに対して24日に異議を唱えた。

判決はダブス対ジャクソン女性健康協会事件での裁判所の見解として出たもので、妊娠15週以降での中絶を禁止したミシシッピ州の法律が焦点となった。共和党が主導するミシシッピ州は、15週での中絶禁止の適用を差し止める一審判決の取り消しを最高裁に求めていた。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ大統領がマーチ・フォー・ライフで直接演説する歴代初めての大統領に

<引用元:デイリー・コーラー 2020.1.22> ドナルド・トランプ大統領は24日、ワシントンで行われる「マーチ・フォー・ライフ(March for Life:いのちの行進)」に参加する予定であり、 …

この中絶サバイバーがトランプ大統領に感謝しなければならなかった理由

<引用元:デイリー・シグナル 2019.2.22> メリッサー・オーデンは14歳の時、生みの母親が食塩水による中絶を余儀なくされたことを知った。そこで彼女は、母胎内で推定31週であったにもかかわらず、 …

トランプがプロライフイベント「マーチ・フォー・ライフ」で演説、大統領としては初

ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は17日、トランプ大統領が19日に開催される「マーチ・フォー・ライフ」で現職の大統領としては初めて衛星中継で演説を行うことを発表した。

トランプがバージニア州民主党による人工妊娠中絶についてのコメントを非難

<引用元:デイリー・コーラー 2019.1.30> ドナルド・トランプ大統領は、デイリー・コーラーとのホワイトハウス内独占インタビューの中で、民主党バージニア州知事のラルフ・ノーサムと民主党バージニア …

米国の宗教の自由を守るドナルド・トランプ大統領

<引用元:ホワイトハウス 2018.5.3> 2018年5月3日 「アメリカは信仰を持つ人の国であり、私たちは互いに、祈りの力によって強められる」ドナルド・J・トランプ大統領 ホワイトハウス発表:本日 …

アーカイブ

@JpWelovetrump