記事翻訳

ナイジェル・ファラージ:トランプが米国のエネルギー自給を目指したのは「正しかった」

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2022.3.16

エネルギーを「自給自足」しなければならないとトランプは言った

ブレグジット党の共同創設者であるナイジェル・ファラージは、16日夜の「ジェシー・ワターズ・プライムタイム」で、ドナルド・トランプ前大統領が米国のエネルギー自給自足を達成しようとしたことは正しかったと司会のジェシー・ワターズに語った。ナイジェル・ファラージ:「こうした愚か者たちが、天然ガス、石油、そして石炭を、ロシアやサウジアラビアや他のどこであったとしても、そこで生産させて自国に輸入することで、そうすることで地球を救っているのだと考えているとしても、実際には二酸化炭素の排出を増やしているのだ。ただ自国でやっていないというだけだ。ウクライナは西側諸国に1つのとても大きな教訓を与えてくれた。つまり、不確かな環境であるということ、そして21世紀において独自のエネルギー自給を達成すること、全てがコンピューター化・デジタル化されている時に、人類の歴史上でかつてないほどに電気を必要としている時に、誰もがエネルギーを自給自足しなければならないということだ。そして良い知らせは、あの議会のリベラル派やここにいる私の周りの同様の人々は、少数派だということだ。なぜなら、善良で常識ある人々は常に自給自足というメッセージの下に結集するからであり、それによってドナルド・トランプがこれについて実に正しかったのだということが実感できる」

-記事翻訳
-,

関連記事

回想:ロシア石油への依存を国連に警告したトランプを笑い飛ばしたドイツ代表団

<引用元:デイリー・コーラー 2022.3.7> ドイツ代表団は2018年の国連演説で、ロシアの石油への依存について警告したドナルド・トランプ前大統領を笑い飛ばしていたようだ。

米国25の州が団結し、バイデンの天然ガス業界への攻撃に反対

<引用元:デイリー・コーラー 2022.3.1> 米国の半数の州はバイデン政権に書簡を送り、エネルギー企業による天然ガスの鉄道輸送を許可するトランプ時代のルールを覆すという決断に異議を唱えた。

分析:バイデンのエネルギー政策がいかにしてプーチンのウクライナ侵攻を可能にしたか

<引用元:デイリー・コーラー 2022.3.2> ジョー・バイデン大統領は就任以来、積極的に反化石燃料政策を推し進め、米国のエネルギー自給目標に悪影響を与え、ロシアによる侵略を可能にしたと専門家は述べ …

トランプ:米国のガソリン価格が過去最高となる中バイデンは「過激な気候運動家に国を管理させている」

<引用元:FOXニュース 2022.3.10> トランプが、バイデン政権がイラン、サウジアラビア、ベネズエラからの石油輸入を検討中という報道に反応 独自:ロシアのウクライナに対する戦争のさなかに米国で …

米国のエネルギー優位性は快挙(オピニオン)

<引用元:ザ・ヒル 2018.10.20>マイク・パリッツ氏による論説 エネルギーに優位なアメリカを築くというトランプ大統領の約束は、フル回転を続けている。 権威ある国際エネルギー機関(IEA)は3月 …

アーカイブ

@JpWelovetrump