未分類

注目の2024:トランプが確実な次期共和党最有力候補として2022年に突入

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2022.1.2

ドナルド・トランプ前大統領は、昨年同様の政治的な立場で新年を迎える―間違いなく共和党で最も人気が高く有力な政治家として、だ。

次の大統領選挙の開始の合図まで残すところ10カ月余りとなる中、トランプは依然として2024年の共和党大統領候補に向けた圧倒的最有力者となっている。

ロイター・イプソスによる最新の全米世論調査が12月半ばに実施され数日前に公開された。調査対象の共和党の54パーセントは2024年の共和党の旗頭として前大統領を支持すると答えた。

他の2人の競争相手―フロリダ州のロン・デサンティス知事とマイク・ペンス元副大統領―は、それぞれ11パーセント・8パーセントの支持で1位に大きな差をつけられて2位・3位となった。

トランプは2021年に繰り返し大統領選再出馬のそぶりを見せた。

「私は確かに検討している」とトランプは11月のインタビューでFOXニュースに語った。

「率直にいって、決断には多くの人がとても満足するだろうと思う」と前大統領は続けて述べ、そうした決断が2022年の中間選挙後に発表されることを示唆した。

ロイター・イプソス世論調査は、2024年の共和党候補者レースについての他の世論調査結果と一致している。最近の世論調査の平均ではトランプが52パーセントの支持を受けており、他の有力共和党大統領候補に抜きん出ている。

だが注目すべき点がある。こうした世論調査でトランプが獲得している候補者としての支持は共和党有権者の中での総合的な評価より20-30ポイントも低い。ロイター・イプソス調査での共和党の中でのトランプの支持率は82パーセントだった。

もう1つの2024年の先行指標は資金集めである―トランプが2021年に圧倒していた分野だ。

(以下略)

-未分類
-,

関連記事

メディア偏向なければトランプは311の選挙人投票を勝ち取っていた:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.11.24>ワシントンシークレット、ポール・ベダード氏論説 2つの新たな投票調査によると、リベラルメディアがジョー・バイデン関連のスキャンダルを有権者から …

世論調査:メディアのトランプへの全面攻撃がジャーナリストの信頼を損ねる結果に

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.2.13> トランプ大統領の就任以来、エスタブリッシュメント・メディアへの国民の信頼が、考えられる限りあらゆる方法で破綻したことが世論調査で判明 トランプ …

世論調査:バイデンの支持率が再び低下

<引用元:デイリーコーラー 2022.4.11> ジョー・バイデン大統領の支持率が再び打撃を受けたことが、10日の最新のCBSニュース・YouGov世論調査で判明した。

ラトクリフ情報長官、中国は米国の2020年連邦選挙に「影響を及ぼそうとした」と結論

<引用元:JustTheNews 2021.1.17> ラトクリフ、情報機関の大多数とは異なる評価 ジョン・ラトクリフ国家情報長官は、17日に公開された文書によると、中国は米国の2020年国政選挙に「 …

最新世論調査:トランプは偉大?それともひどい大統領だったか?

<引用元:FOXニュース 2021.3.29> トランプ前大統領がホワイトハウスを去ってから2カ月となるが、前大統領に対する非常に二極化した意見は収まることがない。 ピュー研究所の全米調査で質問を受け …

アーカイブ

@JpWelovetrump