記事翻訳

「賢明な人たちには明白」:研究所流出説をずっと確信とトランプ

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.25

ドナルド・トランプ前大統領は25日に声明を発表し、武漢ウイルス研究所がCOVID-19の起源だとする自身の長期にわたる主張に「誰もが同意している」と述べた。

「私がかなり早い段階で武漢がCOVID-19の発生源だと述べ、中国ウィルスと呼ぶことがあったのは正しかったのだということに、今や誰もが同意している」とトランプは声明で述べた。

「私にとっては初めから明らかだったのに、例によってひどく批判を受けた。今やその全ての人が『彼は正しかった』といっている。ありがとう!」と声明は結ばれていた。

トランプはニュースマックスとの25日夜のインタビューでも研究所流出説懐疑論者に対する批判を繰り返し述べた。「賢明な人たちにとってはそこ(武漢ウイルス研究所)が起源だということは明白だったと思う。私は全く疑問を持っていなかった」とトランプはインタビューで述べた。

トランプは2020年4月の時点で、ウイルスの起源が武漢ウイルス研究所だという高度な確信を得られるだけのインテリジェンスを見たと主張したが、情報源を「話すことは許されていない」と述べた。

「そして世界保健機関は中国のPR会社のようになっているので、恥を知るべきだ」とトランプはその記者会見で述べていた。

CNNのサンジェイ・グプタ博士、国立衛生研究所(NIH)のフランシス・コリンズ所長と、CDC元所長のロバート・レッドフィールド博士を始めとする医療専門家は、研究所流出説がさらに一定の考慮をするだけの価値があるものだとこれまでに認めていた。

ところがアンソニー・ファウチ博士は当時、トランプの結論の妥当性を否定していた。

「最も有力な証拠からパンデミックを起こしたウイルスが中国の研究所で作られたものではないことが明らかだ」「段階的進化に関する全ては、(このウイルスが)自然に進化してから種をまたいだことを強く示している」とファウチは、2020年5月のナショナルジオグラフィックとのインタビューで述べた。

ファウチは研究所流出説を段階的に受け入れ、そのピークとなったのが5月11日のことであり、この日ホワイトハウスの医療顧問トップは、コロナウイルスが自然に生じたとはもう確信していないと述べた。

「いいえ。実際のところ・・・私はそれについて確信していません」とファウチは、「まだ自然発生したと確信して」いるかどうかと質問したポリティファクトのケイティー・サンダーズに答えた

-記事翻訳
-,

関連記事

「透明性」「秘密主義」コロナ大流行の中、トランプが中国に矛盾したメッセージ

<引用元:デイリー・コーラー 2020.3.21> ドナルド・トランプ大統領は21日、中国のコロナウイルス対応に関して、中国が病気を米軍のせいにしたことを非難した数日後に中国の「透明性」を称賛し、矛盾 …

バイデンはCOVIDとの戦いに敗北という意見多数、49%対39%でトランプのほうが良かったという調査結果

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.12.8>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 最近のジョー・バイデンに対する支持低下の兆しの中、国民は現在、ドナルド・トランプ前大統領の …

18人の州司法長官が、中国が故意に「世界を惑わせた」ことに対する議会調査を要求

<引用元:デイリー・シグナル 2020.5.12> 18人の共和党州司法長官が8日、コロナウイルス発生の重大性を中国が当初意図的に隠蔽したことに対する議会捜査を要求した。 「最近の報道では、中国の共産 …

米国の国連人権理事会離脱は正しい決断(論説)

<引用元:デイリー・シグナル 2018.6.19>ヘリテージ財団、ブレット・シェーファー氏による論説 米国は19日、国連人権理事会から離脱すると発表した。 これは驚くことではない。ニッキー・ヘイリー国 …

トランプは、武漢研究所がコロナ発生源だとする証拠を見たと述べ、WHOをPR会社に例えた

<引用元:FOXニュース 2020.4.30> トランプ大統領は4月30日、コロナウイルスの起源が中国の研究所であることを示す証拠を見たと述べ、世界保健機関をPR会社になぞらえて北京とのつながりに対す …

アーカイブ

@JpWelovetrump