記事翻訳

米国「満足度」はトランプがオバマ、ブッシュを上回り16年で最高

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.1.26>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説

ドナルド・トランプ前大統領の退任直前の支持率は51パーセントで、バラク・オバマ元大統領の同時期の62パーセントに及ばなかったが、米国人は民主党政権下より共和党政権下でより満足していたことが判明している。

ほとんどの米国人が現在感じている不満に関する新たな調査の中で、ギャラップは人々がオバマ時代とジョージ・W・ブッシュ大統領の二期目のどちらよりも、トランプの4年間により満足していたことを明らかにした。

それは16年にも及ぶ期間だ。

「トランプ就任時―2017年から今年の1月にかけて―の平均満足率は30パーセントだ。それはギャラップが1979年に調査を開始して以来の平均満足率である36パーセントを下回る。また指摘した通り、トランプ政権末期の11パーセントという数字は、ギャラップの傾向では最低の1つとなっている」と世論調査員は述べた。

だがアナリストはこう続けた。「トランプの任期全体での平均満足度は、少なくともオバマの2期(それぞれ23パーセントと26パーセント)とジョージ・W・ブッシュの二期目(28パーセント)のどちらの平均よりもわずかに高かったことが判明している」

バイデン大統領選出にもかかわらず、米国の満足度は10年で最低の数字となっており、ギャラップがこれまで記録した最低の記録に向かっている。

-記事翻訳
-

関連記事

共和党のトランプ支持が増大、大多数が反トランプの批判者を排除

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.10.7>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 最新世論調査によると、ドナルド・トランプ前大統領と2024年の出馬の可能性に対する共和党の …

世論調査:共和党の53%は依然トランプが「真の」大統領と答える

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.24> ロイターが24日に発表した世論調査によると、共和党有権者の半数以上は依然として、ドナルド・トランプ前大統領が2020年大統領選挙に勝ち、ジョー・バイ …

郊外居住者がトランプに乗換、2024年の仮想対決ではトランプが45%対42%でバイデンをリード

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.3.22>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 米国の郊外居住者は、2020年にはジョー・バイデン大統領に当時のドナルド・トランプ大統領に …

好景気:16年で景気楽観が最高、トランプの下で50パーセントが「向上した」と回答

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.11> 最新調査によると、トランプ大統領の下で国民の家計に対する楽観傾向が16年で最高に達した。 ギャラップに対し約69パーセントが、家計は来年一層良 …

トランプとコミーどちらを信用?7割近くがトランプと回答:C-SPANアンケート

トランプ大統領に解任されたFBI前長官、ジェームズ・コミー氏が自身の本の発売を前にABCのインタビューに答えたのは15日。C-SPANはその後フェイスブック上でアンケートを行ったが、コミー氏とトランプ …

アーカイブ

@JpWelovetrump