記事翻訳

衝撃の世論調査:トランプ「愛国者党」ができれば23%支持獲得で共和党が第3党に

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2021.1.25

JustTheNewsとScott Rasmussenの共同世論調査によると、ドナルド・トランプ前大統領が「愛国者党(Patriot Party)」を主導したと仮定した場合、有権者の4分の1近く―23パーセント―を獲得し、共和党はわずか17パーセントで第3位に転落する。

驚くべき調査結果は、トランプ弾劾裁判での上院共和党による有罪支持が急速に崩れているという報道の中でのものだ。

トランプによる第3の党ができれば、米国政治に極めて重大な再編成を起こす恐れがある。新調査で民主党は、登録有権者の46パーセントの支持を得ており、対立の恩恵を受けて米国の第1党の立場を固めることになる―過半数の支持はないとしても。

「とても保守的な」有権者―共和党主要有権者内部で不釣り合いなほど大きなグループを形成する―の中では、トランプ愛国者党は55パーセント対24パーセントで共和党に圧勝している。トランプが共和党に残るとすれば、こうした意欲的な有権者の中での広い支持は、ポピュリズムとナショナリズムを注入された前大統領の闘争的な構成要素と折り合いの悪いエスタブリッシュメント共和党に対して保守派が基本的な異議を唱える恐れを与えることで、トランプに党の方向性を左右する大きな影響力をもたらす。

トランプが2020年にマイノリティーの間で最近の共和党大統領候補としては卓越した業績を達成したにもかかわらず、アフリカ系米国人やヒスパニック系有権者は新調査の中で共和党と愛国者党の間で真っ二つに分かれている。

1,200人の登録有権者に対する世論調査は、2021年1月21日から23日までにScott Rasmussenが混合モードのアプローチを使用して実施された。

世論調査の人口動態別一覧はこちら

世論調査の手法とサンプル人口動態はこちら。

-記事翻訳
-

関連記事

米国は「中国のせい」に同意、不支持率は史上最高の73%

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.7.31>ワシントン・シークレット論説(ポール・マナフォート氏) そうだ、中国がやった。 コロナウイルス拡大と世界に対するその警告を怠ったことをトランプ大 …

トランプの支持率がオバマの同時期の支持率を上回る

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.4.2> 最新の世論調査によると、トランプ大統領の米国有権者の中での支持率は、4月2日に50パーセントとなり、オバマ前大統領の1期目就任後の同時期のスコア …

2018年に離れた郊外の女性が、壁支持でトランプを支える存在に

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.22> 郊外の女性は、2018年の議会中間選挙で共和党から逃げ出した後、トランプ大統領に戻って来つつある。 その理由は、国境の壁を求める人が多いためだ …

カバノー氏の疑惑が共和党に有利に働いているとの世論調査

<引用元:FOXニュース 2018.10.4> 最高裁判事候補のブレット・カバノー氏を取り巻く歴史的な党派的怨恨のおかげで、共和党が11月に上院議席で勢力を維持することになる可能性があると、新しい世論 …

報道機関はバイデンを「保護している」:共和党と民主党が同意

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.6.8>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 メディアはドナルド・トランプ前大統領を嘘つき呼ばわりすることを生業にしていたが、リベラルのジ …

アーカイブ

@JpWelovetrump