記事翻訳

不発:公聴会後52%がトランプ弾劾に反対

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.12.12>ワシントン・シークレット、ポール・ベダード氏論説

弾劾公聴会ももはやこれまでだ。

下院情報委員会の公聴会終了後初の世論調査の1つで、トランプ大統領弾劾に対する国民の意欲に変化がないことがわかった。

マーケット・ロースクール世論調査の最新の数字では、ウィスコンシン州の52パーセントがトランプ弾劾に反対、40パーセントが弾劾と辞任に賛成だと答えた。

11月の数字は基本的に同じで、53パーセントがトランプ弾劾と辞任に反対、40パーセントが賛成だった。

ウィスコンシンの同校調査は「公聴会が始まる前の10月、44パーセントが弾劾と辞任に賛成で51パーセントが反対、4パーセントがわからないと答えた」としている。

さらに、主要激戦区でのトランプの支持率は平均以上の47パーセントだとしていた。

それらの結果はトランプにとって重要だ。というのも再選でウィスコンシンで再び勝利することに大きな期待をかけているためだ。

また世論調査では、トランプとウクライナ大統領との間での出来事に対する国民の見方に、ほとんど変化がないこともわかった。

またトランプが2020年大統領選で、基本的に全ての上位候補者と並んでおり、引けを取らないことがわかった。

結論として、弾劾公聴会は弾劾に対する国民の見方を転換するという点で不発に終わったといえる。

-記事翻訳
-

関連記事

バン・ドリュー下院議員が共和党に移籍しトランプに「不滅の支持」を約束

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.12.19> ニュージャージー州民主党のジェフ・バン・ドリュー下院議員は19日、政党を移ることを正式に発表し、ドナルド・トランプ大統領を支持することを約束 …

アダム・シフは弾劾公聴会で国民の時間を無駄にしている

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.11.13>編集委員による社説 弾劾公聴会の初日、民主党は論拠の弱さを明確に示しただけだった。 つまらないというレベルを超えた証言の中で、ジョージ・ケント国務 …

弾劾証人教授が公聴会でバロン・トランプの名前を挙げたことを謝罪

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.12.4> スタンフォード大学のパメラ・カーラン教授は、下院弾劾公聴会中にバロン・トランプについて話したのは「間違いだった」と述べた。 「先ほど大統領の息 …

分析:9日の監察官報告書と弾劾公聴会で民主党と共和党の主張が激突か

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.12.8> トランプ大統領弾劾に関する議会の討議が予定されている9日、外国情報監視法の乱用に関する司法省の報告書も発表される予定だ。 連邦政府の法執行機関 …

悪意ある弾劾

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.12.1>バイロン・ヨーク氏による論説 民主党は「祈るように」、「悲しみをもって」、「重苦しい気持ちで」トランプ大統領を辞任させようとしている、とナンシー …

アーカイブ

@JpWelovetrump