記事翻訳

「愚かな」弾劾が間接的にUSMCA承認につながったとトランプ、ペンシルベニア集会で

投稿日:2019年12月12日

<引用元:FOXニュース 2019.12.10-11

トランプ大統領は在職中で極めて重要な日となった10日、重要な接戦州であるペンシルベニアで集会の主役を務めた。下院民主党が大統領に対する2つの弾劾条項を発表し、また同時に北米自由貿易協定(NAFTA)に変わる新たな新貿易協定をついに承認することで、大統領に画期的な政治的勝利を明け渡した後のことだった。

「議会はもうすぐ私の新しい貿易協定を決議するだろう」とトランプは集会で発表し、ナンシー・ペロシ下院議長(民主、カリフォルニア)が「米国の第45代大統領である、みなさんの大好きな大統領を弾劾すると発表したのと同じ日に行った」と述べた。「そして同じ日に、弾劾発表の1時間後に発表した理由・・・なぜかわかるだろうか?弾劾を重要視しないということだ。というのも彼らが弾劾を恥ずかしく思っているからであり、彼女の愚かな弾劾のおかげで我々の世論調査の数字が急上昇しているからだ」

トランプは「弾劾とこの魔女狩りの背後に見える希望の兆し、それがUSMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)を承認した理由だ」と続けた。多数の世論調査で重要な接戦州での弾劾支持が減少していることがわかっている。ファイヤーハウス・オプティマスの12月激戦州世論調査によると、例えばミシガン州で弾劾と辞任に反対しているのは有権者の50.8パーセント、ペンシルベニア州では有権者の52.2パーセント、ウィスコンシン州では57.9パーセントとなっている。

下院情報委員会委員長のアダム・シフ議員(民主、カリフォルニア)は、弾劾調査とロシア調査の対応からして全くの「悪徳のろくでなし」だ、とトランプは語った。シフは何年もの間、トランプ陣営がロシアと不法に共謀していたという証拠を内々に知っていると示唆してきたが、最近では、自身の委員会が弾劾調査の中心的な内部告発者とされる人物と事前に接触していないと偽っていたことを謝罪した。

トランプはそれから就任してからの業績の一部を列挙して、イスラミック・ステートのリーダーだったアブー・バクル・アル・バグダディの殺害、宇宙軍創設の取り決め、そして強い経済を挙げた。

トランプは頻繁に使用してきたせりふを繰り返し、「この国はとても尊敬されているが、4年前は尊敬されていなかった。物笑いの種だった」と語った。

トランプは、司法省のマイケル・ホロウィッツ監察官が「言語道断で、不当で、前代未聞の権力の乱用」を認めたと強く主張した。大統領はFBIが「偉大な人たちの生活を破壊」したと述べ、彼らを「人間のくず」と呼んだ。ホロウィッツは自身の報告書で、メディアの分析による多数の主張に反して、FBIが2016年から2017年にトランプの元側近を監視するために、ヒラリー・クリントン陣営が資金提供した信頼性のない文書に実際に広く依存していたことを明かした。

ホロウィッツはFBIのあらゆるレベルでの過失も認めており、それには捜査官が秘密監視裁判所に提示する前に文書の主張を独立して確認しなかったことも含まれる。集会でトランプは、ウィリアム・バー司法長官がロシア捜査でのインテリジェンス収集がどのように行われたかを捜査するために任命した、ジョン・ダーラム検察官の報告書を楽しみにしていると語った。

ダーラムは、トランプ陣営に対するFBI捜査が、落ち度があったにもかかわらず適切に断定されたというホロウィッツの結論を含めて、その調査結果の一部に同意していないと述べた。ダーラムの刑事審査はホロウィッツよりも広範であり、相当多くの法的資源を自由に使用できる。

トランプはそれから自身が経験してきたことに耐えられる指導者は多くないと付け加えてこう語った。「普通の大統領ならテーブルの下に隠れて親指をしゃぶり、『おうちに帰して、ママ。もうたくさんだ』と言うだろう」

10日夜の集会でトランプは、何千人もの筋金入りの支持者にじかに自分の反応を示す機会を得た。トランプはその日、ツイッターで民主党を非難するのに多くを費やしており、「何も悪いことをしていない」大統領を弾劾するのは「全く政治的な狂気だ」と述べた。

ホワイトハウスを出発する前、トランプは集会の演説をあらかじめ確認し、民主党は自分に対する弾劾条項の導入を「恥ずかしく」思っていると語った。その夜トランプは、民主党はそういう理由からついに、大統領が今年優先的に立法化すべきものとして指定していた新NAFTA、つまりUSMCAを支持したことを10日の朝発表したのだ、と再び主張した。

「民主党は(弾劾を)とても恥ずかしく思っていた」とトランプは記者団に主張した。「だから1時間後にUSMCAを持ち出したのだ」

「民主党は弾劾のことを抑えたかったのだ」とトランプは続けた。それからペンシルベニア中央南部の「ハーシー」へと向かう途中であるとツイートし、「ハーシーのチョコレートが大好きだ!」と続けた。集会の冒頭でもトランプは、ハーシーのチョコレートがとても好きだと再び強調した。

(略)

USMCAを議会が承認すれば「農家、労働者、そして全ての米国人にとって大幅な勝利となる」と、財政委員会委員長のチャック・グラスリー上院議員(アイオワ州共和党)は語った。「NAFTA再交渉はトランプ大統領の中心的な選挙公約だった。大統領が約束を守ったので、米国人は結果としてこの改善された貿易協定から多くの利益を享受するだろう」

協定を承認することで下院民主党は、中でもより保守寄りの選挙区の者は特に、休日に地元に帰った時の有益な話題を得た。多くは大統領弾劾以外の立法の成果が乏しく、有権者と対面するのに気が進まなかった。そこでペロシは協定の重要性を米国人労働者に強調した。

USMCAは「米国がこれまでに結んだ中で最高で最重要な貿易協定となる」と、トランプは10日の朝ツイートした。マイク・ペンス副大統領は、民主党の動きはトランプの政策にとって勝利であり、ペロシと民主党幹部会が「米国国民の声に」渋々従うことを示したものだと述べた。

USMCAは、クリントン時代のNAFTAを全面的に見直すことになるものであり、関税を回避するためには自動車部品の75パーセントが米国、カナダ、メキシコで製造され、2023年まで自動車部品の40から45パーセントが、最低時給16ドルの労働者によって作られることが義務付けられる。

「1,200万人以上の米国の雇用が、カナダとメキシコとの1.4兆ドルの貿易関係に掛かっており、USMCAはこの貿易関係を強化するだろう」と、エンジンメーカーのカミンズCEOで、ビジネス・ラウンドテーブルの貿易・国際委員会の委員長であるトム・ラインバーガーは語った。ラウンドテーブルは米国最大の企業200社のCEOを代表している。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプに対するディープ・ステートの陰謀

<引用元:デイリー・シグナル 2019.10.15>アームストロング・ウィリアムズ氏による寄稿 (略) 弾劾騒動は報道でも連邦議会でも過熱の状態に達している。おもに民主党から生じているトランプに対する …

ニクソン以上に悪化した歴史的分断:トランプ弾劾を民主党87%が支持、共和党92%が反対

<引用元:ワシントン・エグザミナー  2019.11.5>ワシントン・シークレット、ポール・ベダード氏論説 トランプ大統領の弾劾と解任をめぐる党派間の分裂は記録的なレベルであり、リチャード・ニクソン元 …

米国・メキシコ・カナダ協定 は「毒薬」条項で中国を標的

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.10.7> トランプ政権は中国との貿易戦争で新たな道具を見出した。つまり、最近結ばれた米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)のようなものを利用して、中国 …

トランプ弾劾:大統領弁護団の初日の弁論

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.1.27> トランプ大統領の弁護団は27日、熱心な弁護を開始し、トランプの元補佐官のジョン・ボルトンが出版予定の本のリークを――裏付けのない主張に揺さぶられる …

メキシコがトランプの貿易協定を批准

<引用元:デイリー・コーラー 2019.6.19> メキシコ上院は19日、米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)の批准を圧倒的多数で可決し、同国が最初の承認国となった。 米国のドナルド・トランプ大統 …

アーカイブ

@JpWelovetrump