記事翻訳

レーガン政権エド・ミース元司法長官:トランプ陣営に対するスパイはオバマのウォーターゲート

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2019.11.21

ロナルド・レーガン大統領の下で司法長官を務めたエド・ミースは、デイリー・コーラーとの独占インタビューの中で、トランプ陣営に対するスパイ活動をウォーターゲート事件と比較した。

ミースは、12月9日に発表される見込みのFISA乱用に関する間近に迫る監察官報告書について、事前のコメントをした。報告書は、2016年大統領選中に情報機関がトランプ陣営メンバーをスパイするための令状を取得した際、正しい手続きに従っていたかどうかに関して結論を出す見込みだ。ミースは、監察官の捜査は独立していると説明し、トランプ政権での調査だという理由から監察官の報告書の結果を退けるべきだとする考えの誤りを証明した。

ミースはまた、リチャード・ニクソン大統領がウォーターゲート事件で利用したことに対する戦術と比較し、オバマ政権がインテリジェンス・コミュニティによる不正な捜査を利用して政敵を弱体化させようとしたことの重大さを明らかにした。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ、民主党について「壊滅的な」文書を機密解除すると威嚇

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2018.11.28> 28日、ニューヨーク・ポストとの広範に渡る単独インタビューの中で、トランプ大統領は、下院民主党が自身の政権への捜査―トランプ氏の言葉では「大統領 …

バー司法長官が衝撃証言、FISA不正関連の調査を明言

監察官によるFISA不正疑惑の捜査は数カ月以内に完了、捜査拡大の可能性も <引用元:ザ・ヒル 2019.4.9>ジョン・ソロモン氏による寄稿 注目を集める議会公聴会で困難な立場に立つと、どんな証人でも …

ロシア疑惑捜査では「弁解する者が非難を受ける」

<引用元:ナショナル・レビュー 2018.9.15>アンドリュー・C・マッカーシー氏による論説 FISA黒塗りの開示?すでに公開されていることを心配すべきだ (前略) 「犯罪が行われたかどうか評価する …

トランプツイートが示唆する機密解除の威力

先週ドナルド・トランプ大統領は、カーター・ページ氏に対するFISA申請およびロシア疑惑調査の重要人物のメール内容を完全に公開するよう命令したが、その数日後ツイッターで機密解除命令を一時保留にすると発表 …

「攻勢に出る時」:ニューネス議員がスパイゲートの犯罪について司法省に送致へ

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.3.27> 下院情報委員会の有力メンバーであるデビン・ニューネス議員(共和党、カリフォルニア州)は、司法省とFBIの不正に対する同議員の捜査の一環として、 …

アーカイブ

@JpWelovetrump