記事翻訳

レーガン政権エド・ミース元司法長官:トランプ陣営に対するスパイはオバマのウォーターゲート

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2019.11.21

ロナルド・レーガン大統領の下で司法長官を務めたエド・ミースは、デイリー・コーラーとの独占インタビューの中で、トランプ陣営に対するスパイ活動をウォーターゲート事件と比較した。

ミースは、12月9日に発表される見込みのFISA乱用に関する間近に迫る監察官報告書について、事前のコメントをした。報告書は、2016年大統領選中に情報機関がトランプ陣営メンバーをスパイするための令状を取得した際、正しい手続きに従っていたかどうかに関して結論を出す見込みだ。ミースは、監察官の捜査は独立していると説明し、トランプ政権での調査だという理由から監察官の報告書の結果を退けるべきだとする考えの誤りを証明した。

ミースはまた、リチャード・ニクソン大統領がウォーターゲート事件で利用したことに対する戦術と比較し、オバマ政権がインテリジェンス・コミュニティによる不正な捜査を利用して政敵を弱体化させようとしたことの重大さを明らかにした。

-記事翻訳
-

関連記事

FBIが米国人の監視データを部外者に違法に公開していたことが機密解除されたメモで明らかに(上)

<引用元:Circa 2017.5.27> by John Solomon and Sara Carter 注意:Circaのサラ・カーターはFBIによって公開された未加工の情報を含む詳細な内容につい …

ロジャーズ大将が暴いたもう一つのFISA不正

2016年、当時の米国家安全保障局(NSA)のマイケル・ロジャーズ長官(海軍大将)は、外国人監視法(FISA)によって傍受したデータの照会に不正があることを発見した。 コンプライアンスチームによる調査 …

捜査全体がコミー同様腐敗していたことが監察官報告書で証明:グッドウィン

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.12.9>マイケル・グッドウィン氏による寄稿 いまや正式に認められた。「ロシア、ロシア、ロシア」は本当に最初からフェイク・ニュースだったということが。FBIが …

分析:9日の監察官報告書と弾劾公聴会で民主党と共和党の主張が激突か

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.12.8> トランプ大統領弾劾に関する議会の討議が予定されている9日、外国情報監視法の乱用に関する司法省の報告書も発表される予定だ。 連邦政府の法執行機関 …

FBI弁護士によるFISA文書偽造をホロウィッツが発見と報道、ワシントン・ポストはストラックとのつながりを密かに削除

<引用元:FOXニュース 2019.11.21-22> 複数の報道によると、司法省のマイケル・ホロウィッツ監察官は、トランプ陣営元アドバイザーに対するFBIの秘密監視に関連する重要な捜査文書を――文書 …

アーカイブ

@JpWelovetrump