記事翻訳

中小企業「楽観」が最高記録、トランプの下で160%上昇

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.11.6

全米の中小企業経営者の経済楽観指標は、2期にわたるオバマ政権最後の数カ月以来162パーセント増加して最高レベルに達した。

ウェルズファーゴ・ギャラップの中小企業指標は、オバマ政権末期の+54と比較して+142となっている。

2003年から行われている同調査にはこう付け加えられた。「来年にかけた『自分ののビジネス』の業績見通しに関する広範な質問に対して、経営者の77パーセントが悲観的というより楽観的だと答えている」

それでも楽観にかかわらず約33パーセントは来年の景気停滞を心配していると答えた、とウェルズファーゴは述べた。

「中小企業指標は、企業経営者の現在だけでなく将来の感情と優先事項を評価するためのツールとして非常に有益だ」と、ウェルズファーゴの中小企業・個人ローン部門の責任者であるエリ・ダイは声明の中で述べた。「企業経営者の継続する楽観と、選挙と経済全体のための重要な優先事項と課題について考えの両方が、継続する成長を支えるのに最適な方法を見つけるための手段を提供している」

ギャラップは、「中小企業経営者の楽観は2019年に継続して向上している。最新の四半期ごとのウェルズファーゴ・ギャラップ中小企業指標調査は9月30日から10月4日までに実施され、総合指標は+142となり、7月の+136、4月の+129から上昇した。指標は経営者の現在と将来の楽観を評価するものであり――どちらも今四半期でわずかに上昇している」と述べた。

2020年は大統領選挙の年であるため、調査では中小企業経営者に潜在的影響について質問しており、それは大きなものになる可能性があるとの回答だった。税金、ヘルスケア、そして経済が最大の論点としてリストアップされた。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ、連邦政府機関に「オポチュニティ・ゾーン」への移転を命令へ

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.8.24> (ワシントン)トランプ大統領は24日、米国で最も貧しい地区の一部で投資を促進するため、連邦政府機関がオポチュニティ・ゾーンに事務所を移転させること …

米国労働者に対するトランプの「誓約」についての真実とは

<引用元:ヤフー・ファイナンス 2019.8.8> 2018年7月にトランプ大統領は米国労働者のための「大統領による全国協議会」を開設し、「米国の労働者に対する誓約」を立ち上げた。プログラムは20以上 …

トランプ経済では労働者層が上司より高い賃金上昇率

<引用元:デイリー・コーラー 2019.12.27> 米国の労働者層の賃金は、経済が好調で低い失業率が続く中でその上司たちより速いペースで上昇している、とウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が27 …

トランプ、480万人の雇用増加を受け2カ月連続の回復を称賛

<引用元:デイリー・シグナル 2002.7.2> ドナルド・トランプ大統領は、COVID-19パンデミックの衝撃から経済が回復を続ける中、6月の480万人という「目覚ましい」雇用増加と失業率が11パー …

減税に関して、トランプは現代のJFK(オピニオン)

<引用元:CNN 2017.12.14 >経済政策アナリスト、スティーブン・ムーア氏の論説から抄訳 ジョン・F・ケネディによる減税、そして経済成長と賃金の上昇をもたらした政党が、今や繁栄よりも再分配を …

アーカイブ

@JpWelovetrump