記事翻訳

FISA乱用疑惑に関する報告書草案を司法省監察がバー長官に提出

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2019.9.13

司法省監察官は13日、監察チームがロシア捜査での司法省とFBIによる不正監視疑惑に対する待望の検証の完了が間近であると議員に述べた。ビル・バー司法長官に草稿を提出済みであり、公開前に報告書を「仕上げて」いるところだという。

マイケル・ホロウィッツ(監察官)は13日、複数の上下院委員会に出した書簡でこう述べた。「我々は今、機密解除と選定のために司法省とFBIに、事実に基づく調査結果の草案を提出することで報告書の仕上げの段階に入った。この措置はこのように機密資料が関わる報告書のための手続きに沿ったものである」

状況に詳しい消息筋によると、バーはホロウィッツから草稿を受け取っており、精査の過程に取り掛かる。監察官は監察チームが「100万件以上の記録を見直し、100人以上に聴取を実施しており、その中にはごく最近聴取に同意した証人もいる」と述べた。

ホロウィッツと捜査チームは、トランプの元補佐官であるカーター・ページに対する2016年10月の最初の外国情報監視法(FISA)令状とその後3回の更新を確保するために、元英国スパイのクリストファー・スティールがまとめた悪名高い反トランプ文書がどのように使用されたかについて捜査してきた。ホロウィッツのチームはFBIがスティールを信用できる情報源と見なした理由と、同局がスティールの信頼性を高めるためにニュース報道を利用したようであった理由に疑問を呈していた。

ホロウィッツは13日の書簡の中で、司法省とFBIが機密事項に関して選定した文書を送り返したら、自身のチームが「公開・機密報告書の最終草案を準備し、正確さと注釈を目的とする適切な見直しが行われるようにするための、通常の過程を開始する」ことを示した。

一方で、その期間にFBI重要な役割を果たしたアンドリュー・マッケイブFBI元副長官は、ヒラリー・クリントン関連捜査中の発言に関する別の捜査でホロウィッツから不正を咎められてから、連邦犯罪で告発される恐れに直面している。検証でマッケイブは捜査官と話していた際に「公正さを欠いていた」とされたが、本人は不正を否定している。

FOXニュースが12日に報じたように、起訴は言い渡されていないが、ワシントンDCの米国連邦検察官のジェシー・リューは、現在CNN寄稿者であるマッケイブに対する告発を実施するよう勧告した。

ホロウィッツの書簡が出た中、2016年大統領選挙関連の次のような他の同様な捜査中も進行中だ。

バーは2016年大統領選挙中のトランプ陣営への職権乱用疑惑と不正な政府監視疑惑を捜査するために、コネチカット州のジョン・ダーラム連邦検察官を任命した。

またジョン・ヒューバー連邦検察官は、司法省とFBIによる不正監視だけでなく、クリントン財団その他の問題に対する捜査の取り扱いに対して再調査するために、ジェフ・セッションズ元司法長官に任命された。

-記事翻訳
-

関連記事

捜査全体がコミー同様腐敗していたことが監察官報告書で証明:グッドウィン

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.12.9>マイケル・グッドウィン氏による寄稿 いまや正式に認められた。「ロシア、ロシア、ロシア」は本当に最初からフェイク・ニュースだったということが。FBIが …

米下院情報委員会がFISAメモ公開、次の捜査対象は国務省

米下院情報委員会は、議論の的になっていたニューネス委員長による、いわゆるFISAメモを公開した。民主党はトランプ大統領をロシア疑惑の捜査から守るためのものだとして、公開に反対していた。同委員会は今回を …

グラム議員=新たな資料でトランプ陣営に対するFISA令状は「詐欺」と判明

<引用元:FOXニュース 2019.8.8> 「腐敗」「詐欺」。2016年の大統領選挙間際に起きた司法省内の不正な反トランプ活動を示す証拠が浮上。 司法省高官のブルース・オーが、元英国スパイのクリスト …

FISA悪用の証拠が下院で公開、政府高官の更迭・モラー捜査終了の可能性も

ジャーナリストのサラ・カーター氏が入手した情報によると、18日、米国のFISA(外国情報監視法)が広範に渡って悪用されたことを示す機密文書についての報告書が、下院議員全員に公開された。消息筋は、新事実 …

FBIと民主党はパニック、FISA乱用メモ公開に対する激しい抵抗

FISA乱用メモに関して、民主党のアダム・シフ下院議員は、ホワイトハウスに提出されたメモは秘密裏に修正されていると述べ、委員会で承認されたものではないと強調した。だがその修正とは、文法上の誤りと、FB …

アーカイブ

@JpWelovetrump