記事翻訳

ギャラップ:トランプ指導力評価が向上、課題とイデオロギー面ではオバマを上回る

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.5.28

新しい調査によると、トランプ大統領が大統領にふさわしい人柄と指導力の資質を持っていると考える米国人が2年前に比べて増加した。また、トランプ大統領は、国民にとっての最重要課題のための働きについてオバマ前大統領の評価を上回った。

そうした課題については、47パーセントがトランプに同意していることがギャラップで判明し、オバマ2年目の評価を僅差で上回った。ギャラップは、2007年4月にその課題について45パーセントがオバマに同意したとしている。

またトランプは、オバマやジョージ・W・ブッシュ元大統領よりも米国人の政治的イデオロギーに一致していると評価された。トランプのイデオロギーについての質問で、38パーセントが「概ね適切」と答えた。同様の回答は、オバマでは約35パーセント、ブッシュでは36パーセントだった。

「大統領としての人柄についての評価と同様、課題についてのトランプの評価は、ギャラップが前回質問した時よりも良い。米国人の47パーセントが課題についてトランプに同意しており、2017年7月の39パーセントを上回っている」と分析にあった。

ギャラップは民主党に、課題についても有権者と一致しない大統領候補を指名しないように警告までした。

「また民主党は、課題について主流派から外れていると認識されている候補者を指名しないように注意しなければならない。そうすることで課題が投票要因にまで高まり、最重要課題について民主党候補者よりトランプに同意する有権者が多ければ、トランプに有利に働く恐れがある」と調査チームは述べた。

しかしながら最新調査では、トランプには人柄の評価という弱点があることが分かっており、2020年の再選活動がそこに及ぶ場合、不利になる恐れがある。

ギャラップでは、58パーセントが、トランプが大統領にふさわしい指導力と人柄の要素を持っていると思わないとしていることが分かった。

「民主党は、人柄が秀でていると認識される候補者を指名することで、2020年にトランプに打ち勝つチャンスが高まる可能性がある。それは2016年に実行しなかったことであり、当時はヒラリー・クリントンが民主党候補者だった。彼女はトランプ同様、不誠実で信用できないと広く考えられていたので、トランプの明らかな弱点が無効になり、有権者の意思決定過程で人柄が比較的に因子とならなくなった」と分析では述べている。

-記事翻訳
-

関連記事

世論調査:アメリカ人は圧倒的にサンクチュアリ・シティ(聖域都市・移民保護地域)に反対

<引用元:ザ・ヒル 2017.2.21> (抄訳) ザ・ヒル紙に独占情報として寄せられたハーバード・ハリスによる世論調査によれば、調査対象の80パーセントが地元当局は接触してきた不法移民を連邦職員に通 …

トランプの2020再選は良い状況、中間選挙も共和党が生き残る、と世論調査専門家

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.4.30> ホワイトハウスに近い2人の世論調査専門家によると、トランプ大統領は、2020年の再選に対して「良い状況」にあり、今度の2018年の中間選挙で共 …

2020大統領選挙世論調査:ジョー・バイデン53%、ドナルド・トランプ40%

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.6.11> クイニピアック大学が11日に発表した新たな世論調査結果によると、ジョー・バイデン元副大統領は、ドナルド・トランプ大統領に全国で13ポイントリー …

世論調査:メディアのトランプへの全面攻撃がジャーナリストの信頼を損ねる結果に

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.2.13> トランプ大統領の就任以来、エスタブリッシュメント・メディアへの国民の信頼が、考えられる限りあらゆる方法で破綻したことが世論調査で判明 トランプ …

共和党への好感度が7年で最高に(世論調査)

<引用元:ギャラップ 2018.9.24> 現在米国人の45パーセントが共和党に対して好意的な感情を持っており、昨年9月の36パーセントから9パーセント上昇となった。同党が2010年の中間選挙で下院の …

アーカイブ

@JpWelovetrump