記事翻訳

研究論文=トランプの貿易戦争の大部分は中国が負担

投稿日:

<引用元:Bloomberg 2018.11.19

ドナルド・トランプ大統領は、自身の貿易戦争の費用の大部分を中国に支払わせることに成功しつつある。

それが、欧州連合の研究者ネットワークであるイーコンポル・ヨーロッパ(EconPol Europe)の新しい論文の結論だ。著者のベネディクト・ゾラ―=リゼック( Benedikt Zoller-Rydzek)氏とガブリエル・フェルベルマイヤー(Gabriel Felbermayr)氏によると、米国が2500億ドル分の中国製品に25パーセントの関税を課すと、同国の企業と消費者にとってはわずか4.5パーセントの負担増にしかならず、一方中国の生産者には20.5パーセントの料金が降りかかることになるという。

米国と中国の間の貿易摩擦は、今月両国の首脳がアルゼンチンでの会談を準備する中、弱まる期待がわずかに見えている。ゾラ―=リゼック氏とフェルベルマイヤー氏によれば、関税によってトランプ氏が切望してきたことが実現する。つまり、それによって、影響する中国製品の米国への輸入が3分の1以上削減され、2国間の貿易赤字が17パーセント低下するということだ。

ゾラ―=リゼック氏とフェルベルマイヤー氏によれば、トランプ政権は最高の「価格弾力性」を持つ、または非常に代替がしやすい製品を選択したという。トランプ氏の関税が標的にする中国製品は、ほとんどが他の製品で置き換えることができ、輸入業者は買い手を保持するために販売価格を引き下げることを強いられる。

(以下略。英語記事全文はこちら

-記事翻訳
-,

関連記事

オバマ景気よりトランプ景気と見なす有権者が多数(世論調査)

<引用元:ラスムセン・レポート 2018.8.7> 失業率が18年で最低水準を維持し、ダウ平均株価が最高値を維持する中、党派による大きな分裂はあるものの、有権者は景気拡大がオバマ大統領よりもトランプ大 …

スティーブン・ムーアを恐れているのは誰か?またそのワケ

<引用元:ナショナルレビュー 2019.3.24>ジョン・ファンド氏 エスタブリッシュメント思考に対する挑戦が相次ぐ中傷を引き起こした 中世では、鍛冶屋から醸造者まで、あらゆる種類の商売に誰が就くこと …

大手製造業の9割がトランプ経済に楽観、成長目標4.4パーセントに

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.5> 全米の大手製造業者は、景気に対する記録的な楽観を示すとともに、オバマ政権下では見られなかったようなプラス成長を見込んでおり、9四半期連続でトラン …

トランプ政権でヒスパニックが住宅所有と所得増加の先頭に、貧困率最低

<引用元:ワシントン・エグザミナー:ワシントン・シークレット 2019.4.23> 新たな2つの総合的な調査によると、ラテンアメリカ系住民は、住宅所有の拡大と収入増、そして記録的な貧困率の低下の先頭に …

トランプのおかげで中国経済が急速に減速―次に起こることは

<引用元:FOXニュース 2019.1.26> CKE レストラン CEO、アンディ・パズダー(Andy Puzder)氏による論説 トランプ大統領は中国経済の脆弱性を暴露している。明らかに不正で重商 …

アーカイブ

@JpWelovetrump