記事翻訳

研究論文=トランプの貿易戦争の大部分は中国が負担

投稿日:

<引用元:Bloomberg 2018.11.19

ドナルド・トランプ大統領は、自身の貿易戦争の費用の大部分を中国に支払わせることに成功しつつある。

それが、欧州連合の研究者ネットワークであるイーコンポル・ヨーロッパ(EconPol Europe)の新しい論文の結論だ。著者のベネディクト・ゾラ―=リゼック( Benedikt Zoller-Rydzek)氏とガブリエル・フェルベルマイヤー(Gabriel Felbermayr)氏によると、米国が2500億ドル分の中国製品に25パーセントの関税を課すと、同国の企業と消費者にとってはわずか4.5パーセントの負担増にしかならず、一方中国の生産者には20.5パーセントの料金が降りかかることになるという。

米国と中国の間の貿易摩擦は、今月両国の首脳がアルゼンチンでの会談を準備する中、弱まる期待がわずかに見えている。ゾラ―=リゼック氏とフェルベルマイヤー氏によれば、関税によってトランプ氏が切望してきたことが実現する。つまり、それによって、影響する中国製品の米国への輸入が3分の1以上削減され、2国間の貿易赤字が17パーセント低下するということだ。

ゾラ―=リゼック氏とフェルベルマイヤー氏によれば、トランプ政権は最高の「価格弾力性」を持つ、または非常に代替がしやすい製品を選択したという。トランプ氏の関税が標的にする中国製品は、ほとんどが他の製品で置き換えることができ、輸入業者は買い手を保持するために販売価格を引き下げることを強いられる。

(以下略。英語記事全文はこちら

-記事翻訳
-,

関連記事

スティーブン・ムーアを恐れているのは誰か?またそのワケ

<引用元:ナショナルレビュー 2019.3.24>ジョン・ファンド氏 エスタブリッシュメント思考に対する挑戦が相次ぐ中傷を引き起こした 中世では、鍛冶屋から醸造者まで、あらゆる種類の商売に誰が就くこと …

米失業保険申請件数が過去45年間で最低を記録

<引用元:The Blaze 2018.3.29> 労働省が29日に発表したレポートによると、米国人による失業保険申請件数は1973年1月以来で最低となった。 3月24日までの1週間での失業保険申請は …

米失業率が50年で最低の3.5%に

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.4> 米国内の失業率は先月、50年来で最低となり、トランプ大統領の中国に対する貿易戦争の中での景気後退の可能性に関する不安が和らいだ。 ところが、雇用拡 …

バイデン増税で米国の競争力は低下、賃金上昇は減速すると米企業が考えていることが明らかに

<引用元:FOXビジネス 2021.4.12> 178人のCEOの98%は増税が企業の競争力を損なうと考えている 米国の一流CEOの大部分は、約2兆3千億ドルの支出案を賄うために法人税率を上げるという …

トランプ大統領、ダボスでアメリカについて語る

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2018.1.25> 1971年にクラウス・シュワブ氏が創設した、世界経済フォーラムの当初の使命は、成功を収めた米国の経営手法をヨーロッパの企業に取り入れることだった …

アーカイブ

@JpWelovetrump