動画 記事翻訳

トランプもアメリカも 人種差別主義者 ではない=ジム・ブラウン

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2018.8.28

ジム・ブラウン氏

フットボール殿堂入りのジム・ブラウン氏は28日朝、「FOX&フレンズ」に出演して、ドナルド・トランプ大統領もアメリカも人種差別主義者ではないと語った。トランプは「人種差別主義者」か、と質問されるとブラン氏はこう答えた。
「それを聞いてくれて嬉しいよ。もちろん違う。アメリカは人種差別主義者か?もちろん違う」

またブラウン氏は、殺人発生率が高いことについて、「それに対処する必要があるのは黒人社会であり、黒人社会がやるべきことをやっていない」のだから、トランプ氏のせいにするのを止やめるようにアメリカの黒人に呼びかけた

元NFLスター選手である同氏は、黒人は否定的な考えを止めて肯定的な考えをする必要があると促した。彼はこう問いかけた。
「白人のファンが試合に来てくれるおかげで億万長者になった黒人アスリートが、どれだけいることだろうか?」

ブラウン氏は、フットボール選手が国歌斉唱の際に抗議の形として片膝をつくのに反対であることを繰り返し述べた。彼はこう話した。
「我々は国旗や国歌を決して侮辱すべきではない。私なら決してそのようなことはしない」

ブラウン氏はトランプ氏の北朝鮮に対する対応を称賛した。なぜなら「数カ月前は核戦争を予期していた」からだった。

黒人映画監督のスパイク・リー氏が、アメリカは「大虐殺や先住民と奴隷制」の上に作られたと説明しているビデオを見た後、ブラウン氏は黒人の向上のために「命を捧げた白人」のことを忘れないことが重要だと示唆した。

彼はこう話した。
「奴隷制は憎むべき状況だ・・・それは過去に実際にあったことだ・・・けれどもそのような際立った状況はずっと前に過ぎ去っている」

「私はここからより良い国にするために、自分が何を生み出させるかを考えている」

-動画, 記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプは「生涯で最も黒人寄りの大統領」となると牧師が予測

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.8.1> ダレル・スコット牧師はドナルド・トランプ大統領が都心の住民の力になってくれることに感謝し、「自分たちの生涯で最も黒人寄りの大統領」となると予測し …

マイケル・フリン 、シングローブ賞を受賞

トランプ政権の元国家安全保障問題担当大統領補佐官、マイケル・フリン中将は9月14日、ミズーリ州セントルイスで開催されたフィリス・シュラフリー・イーグルスの第47回年次イーグル協議会で、アメリカへの貢献 …

白人至上主義者のリーダー、ジェイソン・ケスラーは元オバマ支持者で「ウォール街占拠」にも参加

<引用元:Gateway Pundit 2017.8.14> 白人至上主義者で「右派の団結」リーダー、ジェイソン・ケスラーはかつてオバマ大統領の支持者で「ウォール街を占拠せよ」にも関わっていたといわれ …

ライス元国務長官=トランプが人種差別主義者だという認識はマスコミのせい

コンドリーザ・ライス元国務長官は米MSNBCの3月1日の番組に出演し、トランプ大統領が人種差別主義者であり、米国の分断を助長しているという司会者の示唆に対して反論し、自身の見解を明確に述べた。

好きでも嫌いでも、トランプのツイートが理解できない理由はない

<引用元:タウンホール 2019.7.16>マーク・デイビス氏による寄稿 ニュースになっていない事柄から始めよう。ドナルド・トランプ大統領は、ウィリアム・F・バックリー・ジュニアや、チャールズ・クラウ …

アーカイブ

@JpWelovetrump