記事翻訳

米国人の51%が 国境の壁 は良いアイディアだと回答:CBS調査

投稿日:2018年6月26日

<引用元:タウンホール 2018.6.24

タウンホールではすでに報道したが、本日発表されたCBS世論調査で、不法移民の家族が一緒に拘留または送還されるのを望む米国人の方が、そうでない人より多いことが分かった。一方同じ調査で、米国人の51パーセントが、たとえ東海岸から西海岸まで及ばなくても、米国南に国境の壁を作るのは良い事だと考えていることが分かった。

調査結果によると、米国人の32パーセントが「米国とメキシコとの国境沿いの壁」は、「良いアイディアでありおそらく達成できる」と考えている。回答者の19パーセントが壁は「良いアイディアであり、たとえ達成できなくてもやるべきだ」と答えた。2063名の成人のうち、48パーセントは壁が「悪いアイディア」だと答えた。

CBSの世論調査が実施されたのは先週の6月21日から22日。南の国境の移民の子供たちの問題への対処に関して、トランプ政権に2週間余りの間厳しい目が向けられてからの調査である。民主党幹部、リベラル派、共和党穏健派はトランプ大統領の「不寛容」政策によって、メキシコとの国境を越えて逮捕された不法移民の子供が親と別に拘留される事を非難していた。

トランプ大統領は長い間「巨大で素晴らしい壁」を約束してきたが、今のところ必要な予算を受けることができていない。リベラル派のコメンテーター、アンドリュー・サリバンは22日の論説で次のように主張した。民主党議員はトランプに「忌々しい壁をくれてやるべきだ。トランプは選挙に勝った。これは彼に与えるべきものだ。完成しないかもしれないし、期待通りの効果がないかもしれない。だがそれが、最低限の米国人に大量移民は収拾されていると安心させる唯一の方法であり、この大統領の下で事態を進展させる唯一の方法である」と。

しかし、トランプに反対票を投じることの多い、無所属のアンガス・キング上院議員は今日、数カ月前に議会はトランプ大統領に国境の壁に必要な予算を実際与えたが、ホワイトハウスは政治的にもっと多くの内容を勝ち取ることを期待して、法案を拒否することを選んだと主張した。

キング氏はNBCの「Meet the Press」司会者のチャック・トッドに次のように話した。「マイク・ラウンズと私には修正案がありました。それは上院のほとんどの賛成を得ていました。54票獲得していました。ある意味では壁と引き換えのDACAというものでした。それに壁の予算は完全なものでした。民主党幹部会は48名のメンバー中46名が投票したと思います。49名が賛成でした。それは受け入れるのが困難な提案でした。だがホワイトハウス自体が法案を粉砕しました。拒否権を使うと脅し、DHSから下品なプレスリリースを出しましたが、私たちには票がありました。おそらく65から67票ありました。彼らがそれを終わらせました。壁は手中にありましたがより大きなものを求めてそれを諦めました」

トランプ大統領は先週、国境で逮捕された家族の分離を停止する大統領令に署名したが、この問題についての討議が2018年の中間選挙までに、どのような結論に至るのかは不明確だ。

トランプ大統領のツイート日本語訳:

「これ(国境で止められて米国に不法入国できないと告げられ、子供たちも自分の国に戻されること)が行われれば不法移民はその場で止められ、(たくさんの判事を雇い法手続きを行うことと)比較すると非常にコストを抑えられる。これが唯一の本当の答えであり、壁の建設を継続しなければならない!」

-記事翻訳
-

関連記事

不法移民犯罪 の犠牲者遺族=子供たちと「永遠に離別」、マスコミは無視と訴え

<引用元:デイリー・シグナル 2018.6.22> ドナルド・トランプ大統領が、依然として不法移民の家族の離別について批判を浴びる中、22日に大統領に面会した家族がいた。その家族は、不法移民に殺された …

トランプには非常事態を宣言できるだけの強固な法的根拠がある

<引用元:デイリー・シグナル 2019.2.13>ジョン・G・マルコム氏による解説 (前略) 大統領が国家非常事態宣言で従わなければならない手順 国家非常事態宣言法は、大統領が国家非常事態を宣言した際 …

移民についてトランプ大統領独占取材:「福祉を頼る人には来て欲しくない」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.3.11> ドナルド・トランプ大統領は、11日午後のブライトバート・ニュースとの単独ホワイトハウスインタビューで、移民が福祉制度に依存するために米国に来る …

オバマ政権下でも国境での催涙ガス使用は1カ月に1回以上

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.11.26> トランプ政権が週末に国境付近の暴徒に対して催涙ガスを使用したことで、激しい非難を浴びているが、同じ催涙ガス物質はかなり頻繁に使用されており、国土 …

ゴルカ補佐官:北朝鮮の「状況は根本的に変わった」、なぜなら「アメリカが帰ってきた」から

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.19> 元ブライトバート・ニュース国家安全保障編集委員で、現在はホワイトハウス国家安全保障補佐官であるゴルカ博士は、水曜日のブライトバート・ニュース・ …

アーカイブ

@JpWelovetrump