記事翻訳

トランプ大統領の減税が米国のあらゆる規模の雇用主を活性化

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス 2018.4.12

「アメリカで雇用や投資を行い、アメリカン・ドリームを実現しようとするには、これまでで最も良い時代を迎えました。これについては今が最高の時です。なぜなら、アメリカの未来は少数の特権を持つ人たちのものではなく、全国民のものだからです」
ドナルド・J・トランプ大統領

米国のビジネス活性化:企業はドナルド・J・トランプ大統領の減税による恩恵を感じ、成長のための楽観的見方と計画が高まっている

  • 全米製造業者協会(NAM)が行った最新の展望調査によると、米国の製造業者の間での楽観的傾向はかつてないレベルにまで達している。
    • 製造業者で楽観的見方を持つ人の割合は最新の調査で93.5パーセントに達しており、これまでの調査で2番目に高い記録となった。
    • 計画された雇用の伸び、新たな設備投資、棚卸資産の増加は、全てがこれまでの調査で最高を記録した。
    • 調査によると製造業者は、今後1年間の売り上げの伸びが記録上で2番目に速いペースとなると予測している。
    • 製造業では賃金の伸びが過去17年間で最高のペースとなると見込んでいる。
  • 全米独立企業連盟(National Federation of Independent Businesses :NFIB)の2018年3月からの調査によると、中小企業は税金に対する懸念が減り、労働者に対する投資を増やしている。
    • 1982年以来初めて、中小企業が直面する1番の問題として税金を挙げる人の数が減少した。
    • 従業員に対する賃金の引き上げを報告した中小企業の比率が2000年以来で最高に達した。
  • アーンスト・アンド・ヤングが2018年3月に企業経営者に対して行った調査で、企業が節税をどのように利用するか調べた結果、次のことが分かった。
    • 75パーセントが米国内での製造を拡大すると見込んでいる。
    • 89パーセントが労働者の賃金の引き上げを計画している。
    • 66パーセントが節税効果の一部を顧客に還元しようとしている。
    • 69パーセントが収益を海外から米国内へさらに戻すことを見込んでいる。
  • 連邦準備制度理事会は、減税・雇用法を今後数年間で米国の経済見通しを高める重要な要素として言及した。

あらゆる規模の雇用主にとってプラスに:あらゆる規模の企業が減税を利用して勤勉な従業員に投資している

  • 家族経営の小規模な事業を含めて、米国の雇用主は、減税・雇用法が成立した結果、従業員の賃金を引き上げ、便益を向上させることができるようになった。
    • ボーナス、賃金上昇、便益の向上を得た勤勉な納税者は、550万人以上に上っている。
  • ウィチタ鉄道サービス(Wichita Railway Services)は、減税ボーナスとして5人当たり3,000ドルから6,000ドルを支給した。
  • マンシー航空(Muncie Aviation Company)は3月に、55名の正社員と8名のパートタイマーに対して、減税と2017年の業績のためにボーナス支給した。
  • コクス・エンタープライズ(Cox Enterprises)は、約6万人の従業員のほとんどに1,000ドルから2,000ドルのボーナスを支給する予定。
  • マコーミック(McCormick & Company)は、時間給労働者で適格な人に1,000ドルの減税ボーナスを5月に支給する予定。
  • マクドナルドは教育プログラムに1億5千万ドルを投資し、従業員が高校卒業資格、大学の授業料援助、また無料の教育相談を受けられるようにする。

経済再生:減税・雇用法はトランプ大統領の下で健全な米国経済に貢献している

  • 2017年第4四半期の米国の国内総生産(GDP)成長率は予測を上回り、2.9パーセントに修正された。
  • トランプ大統領の就任以来、250万以上の雇用が増加した。
    • 製造業では26万3千の雇用が増加
    • 建設業では27万7千の雇用が増加
  • 失業率は昨年10月以来、過去17年で最低の4.1パーセントを維持している。
  • 失業保険給付金を受給した米国人の数は、1973年以来最低に減少した。

-記事翻訳
-,

関連記事

減税に関して、トランプは現代のJFK(オピニオン)

<引用元:CNN 2017.12.14 >経済政策アナリスト、スティーブン・ムーア氏の論説から抄訳 ジョン・F・ケネディによる減税、そして経済成長と賃金の上昇をもたらした政党が、今や繁栄よりも再分配を …

ナヴァロ=トランプ大統領は鉄鋼アルミ産業を守るという公約を守っている

<引用元:USAトゥデイ 2018.3.12>ピーター・ナヴァロ氏による論説 同盟国と貿易パートナーが向かうべき合理的な方向性は、激化ではない。米国の2つの不可欠な産業を守る主権的権利を認めるというこ …

トランプ・ミラクル(論説)

<引用元:タウンホール 2018.6.5>ウェイン・アリン・ルート氏による論説 ウィニングランの時だ。偉大なモハメド・アリが言ったように、「裏付けできるなら鼻に掛けているということにはならない」。 ド …

トランプ大統領、ダボスでアメリカについて語る

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2018.1.25> 1971年にクラウス・シュワブ氏が創設した、世界経済フォーラムの当初の使命は、成功を収めた米国の経営手法をヨーロッパの企業に取り入れることだった …

経済成長に火をつけたトランプ―彼はどうやってそれを達成したのか

<引用元:CNBC 2018.9.7> ドナルド・トランプ大統領は19カ月以上の間、政権を非常に多くの論争に巻き込んできたために、素晴らしい偉業に暗い影が投げかけられているのかもしれない。つまりひとえ …

@JpWelovetrump