記事翻訳

アメリカン・ドリームの復活:82パーセントが「実現済み」か「実現の途上」

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2017/11/2>

アメリカン・ドリームを実現できないという米国民の長い悪夢は終わった。

10人に6人の米国人が素晴らしい人生を送る夢は実現できないと言っていたときから3年が経ち、今では82パーセントは夢が実現しているかその途上にあると考えている。

ピュー研究所の最新の調査によると次の通りだ。「国の状況に対する国民の満足度は相変わらず低いレベルにあるものの、米国人のほとんどはアメリカン・ドリームを既に実現したかその途上にあると言っている。アメリカン・ドリームは自分たちの家庭の『手の届かないところにある』と言っているのはわずか約5人に1人(17パーセント)である」

その結果に加えて米国での経済との回復と雇用の充実を挙げる人もいる。

ピュー研究所が述べている転換は、おぼろげなアメリカン・ドリームが霞んでいることを長年示してきた憂鬱な調査結果に終わりを告げるものになるだろう。

例えば2014年にCNNが行ったアメリカン・ドリーム企画では60パーセントが達成できないと述べており、更には自分たちの子供がもっと良い生活を送ることはないだろと答えていた。

そしてつい昨年のリポン・ソサエティの調査では、中産階級の70パーセントもの有権者が次の世代は自分達ほど成功しないと考えておりアメリカン・ドリームは多数の人々の手の届かないところに行ってしまうということだった。

それももう終わりだ。

ピュー研究所によると36パーセントがアメリカン・ドリームを実現したと考えており46パーセントがその「実現の途上にある」と考えているのだ。

またそれは人種の境界を越えているとピュー研究所は述べている。「白人(41パーセント)は黒人(17パーセント)やヒスパニック(32パーセント)よりもアメリカン・ドリームを実現したと答えた人が多い。しかし、実現の途上にあると答えているのは白人(42パーセント)よりも黒人(62パーセント)とヒスパニック(51パーセント)のほうが多い。注目すべきことにアメリカン・ドリームは自分たちの家庭の手の届かないところにあると答えた割合に有意な人種的な差はない」

-記事翻訳
-

関連記事

衝撃の世論調査:トランプ「愛国者党」ができれば23%支持獲得で共和党が第3党に

<引用元:JustTheNews 2021.1.25> JustTheNewsとScott Rasmussenの共同世論調査によると、ドナルド・トランプ前大統領が「愛国者党(Patriot Party …

郊外居住者がトランプに乗換、2024年の仮想対決ではトランプが45%対42%でバイデンをリード

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.3.22>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 米国の郊外居住者は、2020年にはジョー・バイデン大統領に当時のドナルド・トランプ大統領に …

トランプがワシントン・タイムズ・CPAC模擬投票で他の20人を圧倒

<引用元:ワシントン・タイムズ 2021.2.28> トランプ前大統領は、ワシントン・タイムズ・CPACが28日に発表した世論踏査によると、共和党の2024年大統領候補を目指す保守派の中で早くも首位に …

世論調査:米国人の70%、バイデンのアフガニスタン軍事作戦対応を不支持

<引用元:デイリー・コーラー 2021.8.16> 16日発表の世論調査によると、米国人の圧倒的多数はジョー・バイデン大統領のアフガニスタンでの軍事作戦対応に不満を示している。

無党派は2024選挙でバイデンよりトランプ支持、67%がバイデンは再出馬すべきでないと回答:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.12.16> 15日に発表された世論調査で、無党派は2024年の大統領選挙でジョー・バイデン大統領よりドナルド・トランプ前大統領を支持していることが判明し …

アーカイブ

@JpWelovetrump