記事翻訳

アメリカン・ドリームの復活:82パーセントが「実現済み」か「実現の途上」

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2017/11/2>

アメリカン・ドリームを実現できないという米国民の長い悪夢は終わった。

10人に6人の米国人が素晴らしい人生を送る夢は実現できないと言っていたときから3年が経ち、今では82パーセントは夢が実現しているかその途上にあると考えている。

ピュー研究所の最新の調査によると次の通りだ。「国の状況に対する国民の満足度は相変わらず低いレベルにあるものの、米国人のほとんどはアメリカン・ドリームを既に実現したかその途上にあると言っている。アメリカン・ドリームは自分たちの家庭の『手の届かないところにある』と言っているのはわずか約5人に1人(17パーセント)である」

その結果に加えて米国での経済との回復と雇用の充実を挙げる人もいる。

ピュー研究所が述べている転換は、おぼろげなアメリカン・ドリームが霞んでいることを長年示してきた憂鬱な調査結果に終わりを告げるものになるだろう。

例えば2014年にCNNが行ったアメリカン・ドリーム企画では60パーセントが達成できないと述べており、更には自分たちの子供がもっと良い生活を送ることはないだろと答えていた。

そしてつい昨年のリポン・ソサエティの調査では、中産階級の70パーセントもの有権者が次の世代は自分達ほど成功しないと考えておりアメリカン・ドリームは多数の人々の手の届かないところに行ってしまうということだった。

それももう終わりだ。

ピュー研究所によると36パーセントがアメリカン・ドリームを実現したと考えており46パーセントがその「実現の途上にある」と考えているのだ。

またそれは人種の境界を越えているとピュー研究所は述べている。「白人(41パーセント)は黒人(17パーセント)やヒスパニック(32パーセント)よりもアメリカン・ドリームを実現したと答えた人が多い。しかし、実現の途上にあると答えているのは白人(42パーセント)よりも黒人(62パーセント)とヒスパニック(51パーセント)のほうが多い。注目すべきことにアメリカン・ドリームは自分たちの家庭の手の届かないところにあると答えた割合に有意な人種的な差はない」

-記事翻訳
-

関連記事

世論調査:トランプの2024年出馬を望む米国人がバイデンを上回る

<引用元:デイリー・コーラー 2022.7.12> 2024年大統領選にジョー・バイデン大統領よりもドナルド・トランプ前大統領に出馬して欲しいと思う米国人が多いが、どちらの候補も選挙運動で広い支持が見 …

共和党:トランプはレーガンとほぼ互角で歴代4番目に偉大な大統領

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.6.16>ワシントン・シークレット論説 最新の調査によると、共和党はトランプ大統領をエイブラハム・リンカーンとジョージ・ワシントンに次いで、ロナルド・レー …

新たな世論調査でトランプに対する退役軍人の強い支持

<引用元:ミリタリー・タイムズ 2019.7.10> ピュー研究所が10日に発表した新しい世論調査によると、退役軍人の間では、ドナルド・トランプ大統領の最高司令官としてのこれまでの実績を支持する人が支 …

世論調査:米国人の3分の1がマスコミは「国民の敵」と答える

<引用元:ザ・ヒル 2019.7.3> 衝撃の調査結果が明らかに。 新しいヒル・ハリス世論調査によると、米国人の3分の1が報道機関は「国民の敵」だと言っている。 1日に発表された調査結果では、共和党有 …

マスコミの負け:報道の90%が否定的でも、大統領の支持率向上

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.5.8> 今年初めから4カ月間の、トランプ大統領に対するテレビ報道を広範に調査した結果、90パーセントが否定的なものだったことが判明した。2017年全体と同様 …

アーカイブ

@JpWelovetrump