記事翻訳

足を撃たれていようと私の大統領のためなら立ち上がる=ラスベガス乱射事件の生存者

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2017.10.5>

トーマス・ガンダーソンは最初に物音を聞いたとき、スピーカーの故障か、もしかしたら誰かが花火を打ち上げたのだろうと思った。

しかし、それから叫び声が聞こえ、カリフォルニアのニューポート・ビーチから来た28歳の青年は、自分が戦場の真ん中に立っているのだと悟った。

ラスベガスの大量殺戮が始まってすぐに、トーマスは他のコンサートの常連客と一緒に人々を安全な場所に避難させた。

「他人のために自分の命の危険を冒して救助している人たちがたくさんいた」とトーマスは電話でのインタビューで私に言った。

混乱と殺戮の中で、トーマスは今起きていることが本当に起きていることなのだろうかとずっと思っていた。

「弾が外れていく音が聞こえたが、これはうそだ、うそなんだと思い続けていた」とトーマスは語った。

一瞬の後、一発の弾がトーマスの脚に深く命中した。

「私は地面にまっすぐ倒れた。痛くはなかった。体が麻痺していた」とトーマスは語る。「まわりに血の海ができた・・・貫通して。全くどこもかしこも」

トーマスは客席の列の後ろに体を引きずって隠れたと言った。

「そのとき怖くなってきていた」トーマスは言う。「血がすっかり流れ出てしてしまうのではないかと思った」

わずか数分の間に二人の若い女性がトーマスのところにやって来て応急の救命処置を施した。一人が彼の脚をベルトで巻き、もう一人が数名の男性に安全な場所へ運ばせた。

トーマスは自分は幸運だと考えている。弾は完全に貫通していた。ふくらはぎの筋断裂と神経の痛みを患ったが弾は骨と動脈をそれていた。

「立つのが難しい・・・とても痛いんだ」とトーマスは言った。

そのことから考えると4日に起きたことは更に目を見張るようなことだったと言える・・・トーマスはトランプ大統領とファーストレディの訪問を受けたのだった。

「人生で最高の瞬間の一つだった」とトーマスは私に言った。

激しい痛みがあったが、トーマスは立ち上がって大統領に挨拶することを決意した。

「立ち上がって大統領と握手するつもりだと家族に伝えた・・・大統領と我々の指導者、そして我が国に対する敬意からそうするのだと」とトーマスは私に話した。

そしてトーマスはその通りのことを行ったのだ。苦痛に顔をゆがめながら大統領に挨拶し握手をした。心を打つ瞬間を収めたフェースブックの動画は100万人以上(訳注:この記事の編集時点で2千万を超えている)の人が視聴した。

「この男はタフなようだ」と大統領は表明した。

トーマスは、トランプ大統領とファーストレディは「自分と家族にとても優しかった」と語った。

「それは人生で最も謙虚な気持ちにさせられる経験の一つだった。大統領がわざわざここに来て握手してくれて、何か必要な物があれば言ってくれと言ったのだから」と彼は言った。

それは愛国心の強いアメリカ市民と大統領の間の、深く心のこもった瞬間だった。我々国民が一つであること・・・神の下に一つの国であることを優しく教えてくれる出来事だった。

トーマス・ガンダーソンに神のご加護を。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

1月6日以前に州兵を許可したがペロシが「断った」とトランプ

<引用元:JustTheNews 2022.1.20> ドナルド・トランプ前大統領は、首都での2021年1月6日「ストップ・ザ・スティール」集会に至るまでに大規模な群衆を予想して州兵派遣を許可したが、 …

トランプ前大統領が退任後初の公でのコメント

<引用者:JustTheNews 2021.1.23> 何らかの形で復帰することを示唆も、詳細は語らず ドナルド・トランプ前大統領は22日、退任後初の公での発言として、復帰を計画していると述べたが詳細 …

トランプが明かした、再び大領領になったら最初にやること

<引用元:タウンホール 2022.2.7> 先週のインタビューでドナルド・トランプ前大統領は、もし再度大統領になった場合に最初に実行することは南部国境の壁を完成することだと述べた。

共和党についてトランプがコメント:「目指すのはトランプの党にすることでなく、偉大な国にすること」

<引用元:JustTheNews 2021.5.14> ドナルド・トランプ前大統領は13日、共和党はトランプ自身を中心とした基盤を築くというより米国支持の政策を追及するべきだと示唆し、共和党での超大物 …

トランプ、米国はもはや自由な社会ではないと述べ「不誠実な」メディアとビッグテックは「タガを外した」と非難

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.3.22> ドナルド・トランプ前大統領は、米国はもはや自由な社会ではないと述べその顕著な理由として報道とビッグテックが「タガを外して」いることを挙げた。 …

アーカイブ

@JpWelovetrump