記事翻訳

蘇ったかつての憎しみ―全体主義のルーツを隠しメディアの支持を受ける「アンティファ」(論説)

投稿日:

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.8.21>

シャーロッツビルの混乱の中で、二つの亡霊が前世紀の暗黒の時代から蘇った。「右派の団結」大会では、ナチのシンボルがテレビ画面いっぱいに出ていた一方で、反対する反ファシスト、つまり「アンティファ」の抗議者たちは、共産主義のハンマーと鎌のシンボルを振りかざしていた。

ネオナチとクー・クラックス・クランがリーフェンシュタール式の松明の行進を行うのを非難した人は多かったが、ネオマルクス主義者とアナーキストのグループがブロックや火炎瓶を投げていたことに対しては事実上口を閉ざし、共産主義が長い間、全体主義と差別と死をもたらして来た事実を認めようとしないのだった。

極右と極左のグループは、公衆の面前で棍棒やバットを手にしながらお互いに反目し合った。これは、恐ろしいことに歴史的に最も大きく敵対してきた二つの勢力の戦いを繰り返したものだ。ロシアの共産主義もドイツの国民社会主義も、1910年代と1930年代に始まったときは、それぞれの国では小さな少数派勢力だった。しかし、両者は最も発言力が強く、最も組織され、そして最も暴力的になった。

(中略)

残念ながら過去20年の間に、ソビエト共産主義の悪行とスターリンの果たした重要な役割はほとんど忘れられてしまった。ロシア国内では、スターリンがますます国の英雄と見なされるようになっている。

ブラックリボンデーが今でも重要なのは、ファシストと共産主義者が同じ戦法を使って自分たちの敵を悪者扱いし、孤立させ、つぶそうとし続けているという事実が露わになるからだ。歴史の忘却、抗議の文化、そして政治的な暴力が合わさって毒のカクテルが出来上がる。すべてのアメリカ人には過去を学ぶ責任がある。それも真剣に学ぶのだ。そして「すべての人に自由と正義」を保証するために必要なことが何かを把握する責任がある。

公立学校での歴史教育が不足しているために、シニシズムが助長され、ミレニアル世代はシニシズムに陥り民主的なプロジェクトから遠ざかってしまった。これである面、30歳以下の人たちが選挙に行くより抗議活動に参加することが遥かに多い理由の説明がつく。選挙に行くというのは、投票所で平和的な革命に参加するということだ。アメリカの建国者もそれを願っていた。このことから、ナチズムとソビエト共産主義が全体主義というコインの両面であるということを忘れないことが、極めて重要なことだ。

By Marion Smith
Executive director of the Victims of Communism Memorial Foundation

-記事翻訳
-, ,

関連記事

「とても思いやりがあった」:アマド・オーブリーの母がトランプとの面談について語る

<引用元:デイリー・コーラー 2020.6.16> アマド・オーブリーの母は報道によると、16日のホワイトハウスでの面談中ドナルド・トランプ大統領が「とても歓迎してくれ」「とても思いやりがあった」と述 …

トランプがマドゥーロでなくグアイドをベネズエラ大統領として認めたのは正しい

<引用元:FOXニュース 2019.1.27>ジョン・ハートリー氏による寄稿 反民主主義で社会主義のマドゥーロ政権に対して民衆が今蜂起している中、トランプ政権が23日に、フアン・グアイド国会議長をベネ …

「これをパレードにしたい」ミシガン州保安官―と部下―が暴動鎮圧装備を捨て黒人抗議者と共に行進

<引用元:デイリー・コーラー 2020.5.31> ミシガン州の白人保安官は―複数の部下と共に―暴動鎮圧用装備を捨ててフリント・タウンシップの黒人抗議者たちと一緒に行進した。 先週月曜日にミネアポリス …

白人至上主義者のリーダー、ジェイソン・ケスラーは元オバマ支持者で「ウォール街占拠」にも参加

<引用元:Gateway Pundit 2017.8.14> 白人至上主義者で「右派の団結」リーダー、ジェイソン・ケスラーはかつてオバマ大統領の支持者で「ウォール街を占拠せよ」にも関わっていたといわれ …

シャーロッツビル犠牲者の母、ネオナチと白人至上主義者を非難したトランプに感謝を表明

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.14> バージニア州シャーロッツビルで32歳のパラリーガルが、白人至上主義者とされる人物に車で轢かれて亡くなった。犠牲者の母は、トランプ大統領がネオナチと白 …

アーカイブ

@JpWelovetrump