記事翻訳

トランプ・ジュニアとの会談の8日後、ロシアの弁護士ベセルニツカヤがオバマの駐露大使と一緒に写っている写真をご覧ください

投稿日:2017年7月12日

<引用元:Gateway Pundit 2017.7.11>

ロシア人弁護士ナタリア・ベセルニツカヤの情報が更に流出

ベセルニツカヤは月曜日に、NBCニュースでニューヨーク・タイムズで報道されたクレムリンとの関係を否定した。

彼女はドナルド・トランプ・ジュニアとの会談がアメリカでのロシア人養子縁組に関するものであったことを確認した。

ベセルニツカヤが所属する法律事務所であるカメルトン・コンサルティングはモスクワ郊外に拠点がありWEBサイトも持っていない

カメルトンの職員はAP通信社に対し、ベセルニツカヤは月曜日にコメントできないと述べた。

彼女のモスクワ事務所はダミーかもしれない。電話も電子メールもWEBサイトもないのだ。

ロシアのウラジミール・プーチン大統領のドミトリ・ペスコフ報道官は月曜日に、クレムリンはトランプの幹部スタッフとベセルニツカヤの会談について関知しておらず、「それが誰なのか知らない」と述べた。

ペスコフは次のように述べた

「いいえ、私たちはそれが誰なのか知りませんし、ロシアの弁護士が国内外で行う会談をすべて監視することはできないのは明らかです」

さてこれは・・・

ナタリア・ベセルニツカヤはトランプタワーでの冷たい接触の8日後、外交問題委員会の公聴会でオバマ政権のロシア駐在大使マイケル・マクフォールと同席していた

こちらには別の写真がある。2016年6月14日のロシアとウクライナに関する議会公聴会のものだ。

更に、ナタリア・ベセルニツカヤの横にいるのはエミン・アガラロフのようだ。ドナルド・トランプ・ジュニアの今朝の声明の中で彼についても触れられていた。エミンはベセルニツカヤとの会談の実現に協力していた。

また、ベセルニツカヤは、あの詐欺的で名誉を傷つけるトランプ資料を作成したDNCのライバル調査会社であるフュージョンGPSともつながりを持っていた。

ではなぜベセルニツカヤはドナルド・トランプ・ジュニアとの会談の数日後にオバマ政権の当局者といっしょにいたのだろうか?

そして、なぜベセルニツカヤは議会公聴会で最前列の特権的な席を与えられたのだろうか?

 

-記事翻訳
-, ,

関連記事

反トランプ文書に関する議会捜査にFBI、司法省から激しい抵抗

<引用元:FOXニュース 2017.10.11> FOXニュースが議会記録を検証した結果、FBIと司法省は3月以来、疑惑のトランプ文書に関する情報を追求する下院情報委員会の要求をことごとく却下するか無 …

独自:トランプ政権下ならウクライナ・ロシア戦争は起きなかった、とハンガリー外相

<引用元:デイリー・コーラー 2022.10.26> (ワシントンDC)ハンガリーのシーヤールトー・ペーテル外務大臣は、26日の本紙との独占インタビューで、現在のウクライナとロシアの間の戦争は一つには …

トランプ=モラーのロシア疑惑捜査が米国の立場を悪くした

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2017.12.28> トランプ大統領は、ロシアによる2016年大統領選挙へに干渉に対するロバート・モラー特別顧問の捜査が、米国の印象を「非常に悪くしている」と述べ …

追い詰められたFBI、トランプ・ロシア共謀の報告文書の根拠を未だに立証できないと認める

トランプ大統領のロシア疑惑捜査の発端の1つとなった文書について、FBIはその文書が主張する共謀について立証できないままであることを認めている。ワシントン・タイムズは、上下院の捜査に詳しい情報筋の話とし …

DNCとヒラリーが資金提供した文書を利用してトランプ陣営への盗聴許可取得か?

ジャーナリストのサラ・カーター氏は、FBIが、トランプ大統領のロシア疑惑の根拠の1つとされている信憑性の確認できない文書を利用して、トランプチームのメンバーを監視、盗聴するために裁判所から許可を受けて …

アーカイブ

@JpWelovetrump